バリ島のランドリーで洗濯・モルトの香りに包まれて

旅行するときはバリ島に限らず必要最小限の衣類しか持って行かない
10日の日程でもだいたい3日分くらいのシャツとズボンや下着だけ
靴は日本にいるときからクロックスしか履かないからバリ島でも同じ
だから旅行中の洗濯物は街中のランドリーに持っていく事になる

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

laundry
メインストリートみたいな場所には店舗がなくて
看板を見つけて路地を延々と歩いていくなんて事もある

ランドリー
量にもよるけど普通は翌日の同じ時間までに仕上げてくれる
クリーニング代は洗濯物の重さで決まるところが多い
洗濯物の種類によってはTシャツ1枚いくらみたいな場合もある
確かシャツ1枚で20円とか30円くらいだったような・・・・
まあそれでもローカルプライス(地元民価格)よりは高いんだろうけど

laundry
バリ島では川の水で洗ったりもするし水道水自体が臭い
そのため洗濯物は柔軟剤の「モルト」をがんがん使い
さらに何でもかんでもガンガンにアイロンをかけてビニールに入れる
臭い水分をすっ飛ばしてモルトの香りがいっぱいの洗濯物にする
だからどこにいてもモルトの匂いを嗅ぐとバリ島を思い出すなあ  

バリ島ではコインランドリーは見た事がないし多分ないと思う
また基本的にロスメン(安宿)にしか滞在しないため
ルームサービスやホテルのフロントに頼んだりもしない

下着類は浴槽で自分で洗濯してテラスに干す場合もある
基本はまとめてランドリーに出してしまう方が楽だ
ランドリーに出した衣類がなくなったことはないけど
白に近いものは色が付いたりすることはあったな
あまりデリケートな素材の服とかはやめたほうがいいかも
わしら夫婦は現地で捨ててもいいくらいの服を着て旅行してます

南国スタイル
正しい南国スタイル?の奥様

ウブドあたりでもヴィトンのバッグにおしゃれな服を着て渋谷や原宿と変わりない
ファッションの方を見かけますけどなんか違うような気もするが・・・・

着る物が無くなったらこっちで買ってもいいし

そういえばクタのマーケットをうろうろしていた時にシャネルとかプラダのTシャツが
ワゴンに山ほどあったな 衣類売り場の見切り商品のワゴンの中だったけどね

シャネルのCOCOマークがでっかくプリントされたシャツとかは
流石に日本でも着れそうに無いしなぁ 
ぱちもんの見切り商品・・・・・

関連記事: