マレーシアのコインランドリーでまた洗濯したぞ@Port Dickdon

コインランドリーでは靴を脱ぐ

海外旅行中の洗濯物はホテルのランドリーサービスに頼むのが一般的です
でもマレーシアならコインランドリーで洗濯した方が安くて早いし便利だ

coin_laundry_malaysia_2
洗濯が終わるまで漫画や雑誌を読んでる光景は日本でもよく見かけます
でも日本のコインランドリーとの最大の違いは入り口で靴を脱ぐ店がある

take_off
靴はちゃんとそろえましょうね

「お前は俺か?」wani

coin_laundry_malaysia_1
カゴなどが設置されていないので洗濯物を足元に広げたりする人もいます
そのために土足禁止にしているのかどうかはわからんけど合理的ですね
日本では靴を脱いで入るのは家の中だから何となく違和感があって面白い

「店の入り口で裸足になるみたいな感じ」wani

coin_laundry_malaysia_3
洗濯と乾燥は小銭でなく専用のトークンを入れて使うタイプですtoken
この機種は14キログラムまでの衣類や洗濯物を洗うことができます
しかも洗剤と柔軟剤は入れなくても自動的に付加されるようです

coin_laundry_malaysia_4
価格表には洗濯と乾燥に必要なトークンの数が書いてあります(1RM=1枚)
例えば10キロの衣類を冷水で洗うなら5RM(リンギット)tokentokentokentokentoken
暖水を使うなら6RMで温水使用であれば7RM分のトークンが必要です

乾燥機の価格は24分で4RMのトークンを入れて追加は6分ごとに1RM必要

coin_laundry_malaysia_5
対応するマレーシアリンギットのお札を入れたら下からトークンが出てきます

coin_laundry_malaysia_6
トークンはお札のみしか換えられないので小銭はカフェなどでまめに減らそう

coin_laundry_malaysia_7
洗濯機の操作手順は大体同じですがイラスト表示されている機種もある
このタイプは基本6RM必要なので14kgまでの衣類の洗濯に対応してます

  • 扉を開ける
  • 衣類を入れて閉める
  • 洗剤を上の小窓から入れる(必要であれば)
  • 時間分のトークンを入れる
  • 水温を選びグリーンのボタンを押す

「旅行で持ち歩く粉の洗剤を使うなら直接衣類にふりかけます」wani_wara

coin_laundry_malaysia_8
乾燥機も手順はだいたい同じですが温風の種類でトークンの枚数が変わります

「高温・中温・低温の差がイマイチわからんけど」ore3

coin_laundry_malaysia_10
矢印の付いている側の乾燥機にトークンを入れます
この場合なら上の機種を使うので左側のパネルです

coin_laundry_malaysia_9
ポートディクソンでは商店街みたいなエリアにコインランドリーがありました
近くにカフェやちょっとした食堂があるので洗濯が終わるまで待ってます
旅行中にいつの間にか増えてしまう小銭はコンビニやカフェで使いましょう

coin_laundry_malaysia_11
ホテルのランドリーサービスはモノによっては新品が買えるくらい高い
自宅に洗濯機がある人は来ないだろうし観光客の姿も全く見かけない
イスラムおばさんや若いにいちゃんおね~ちゃん達がたむろしてます

「地元の人々の暮らしの一場面ですね」wani

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村

関連記事: