母畑温泉の源苑でラドン三昧@福島県石川郡

石川町の夜道は暗い

夕暮れの県道40号線をひた走り母畑温泉に到着したのは5時半くらいだった
須賀川の小さな橋を渡り県道63号線に入ってすぐに目的地の源苑が見えた

minamoto_en_1
薄暗い明かりに浮かび上がる『源苑別館』は昭和レトロの世界そのものでした
ここが日帰りで天然ラドン温泉に入れる雰囲気たっぷりの古風な温泉旅館です

minamoto_en_2
明るいうちに見た感じはまあ普通の入り口です(Googleのストリートビュー)
平安時代に八幡太郎義家が戦いで負った馬の傷を谷川の水で洗ってみた
するとその傷が数日で治ってしまった事から母畑温泉が始まったらしい

sadako1
日が暮れると民家や街灯の明かりも少なくいい味をかもし出します

「貞子とか出そうだな」ore4   (閲覧注意→サダコラ画像1 サダコラ画像2

minamotoen_2
八幡太郎(源義家)の愛馬を癒した天然温泉はアルカリ性の弱放射能泉でした
東北一のラジウム含有量を誇り昔から打ち身などの湯治で利用されてきました

minamotoen_3
源苑の気さくな女将さん?が気さくに案内してくれました okami
入浴は500円でタオルなどは持参ですが無ければ貸してくれます

minamotoen_4
地上階になるのか階段を降りていくと須賀川が見える大浴場があります

minamoto_en_3
昼間ならこんな感じです(Googleのストリートビュー)

minamotoen_5
男湯のほうは先客がいたため撮影してませんがわりと広かった

minamotoen_6
女湯は5人も入れば満員で足が伸ばせないくらいのサイズの浴槽です
もともとは男湯が混浴だったので女性客用に小さいのを作ったらしい

minamotoen_7
泉質はPH10,4のアルカリ性で所謂ヌルヌルの美肌の湯系の鉱泉でした
ラドン濃度は26,8マッヘ単位の単純弱放射能泉で飲泉が可能ですonsen
源泉の温度が低め(19℃くらい)なので加温して掛け流しにしてました

minamotoen_1
アルカリ性で飲用ができる元湯の源泉は玄関の横にあるとのこと
好きなだけ持って行っていいと言われたので温泉水を汲みに行った

minamotoen_8
これが夜は雰囲気いっぱいの源苑別館に湧き出すラジウム源泉ですonsen
今まであちこちで源泉水を飲んだけど源苑の水は摩訶不思議な味でした
火山性の温泉ではないのに少しだけ玉子か硫黄のような感じがします

minamotoen_9
貞子ではなく奥様がポリタンクに汲んでみましたokusama
源苑の源泉は奥様が1日に1㍑くらい飲んでいます

minamotoen_10
東京に戻ってから翌日に水素イオンを測ってみたらPH9のアルカリ性

minamotoen_11
酸化しないうちにぐびぐび飲んだりコーヒー沸かしたりして使っています
また不思議なことに硫黄のような味は翌日には完全に消えていました

「源泉をすくって飲んだのと味違う」okusa

minamoto_en_view
杉林の県道をのんびりと走ってまた源泉をぐびぐび飲みたいな(Googleのストリートビュー)

「こんどはもう少し明るいうちに行こう」wani

『母畑温泉 源苑別館』
福島県石川郡石川町母畑樋田8 blue_map
0247-26-2535

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

関連記事: