地元の人気ワルンで激辛サンバルを食べる@Warung SS

ウブド村からデンパサールに向かう

ウブド村のお気に入りワルンの味がどこも壊滅的だった
代わりに奥様が探してきたのが 『ワルンSS』 というお店


場所はウブドからデンパサールに向かう道の途中にありました
左に曲がればスカワティー市場に出る交差点から数分の所です
店の名前はワルンSSでスペシャル サンバル食堂という意味です

サンバル

サンバルというのはインドネシアやマレーシアなどの伝統的な香辛料
ニンニク・赤玉ねぎや唐辛子などをすりつぶして作る食べ物です

本来サンバルはイカンバカールなどに添え物として小皿で付いてくる
しかし店名がスペシャルサンバルというだけあって種類がやたら多い

サンバル大好きな奥様がポツリと言った一言

「全種類のサンバルを注文してみましょう?」

これがえらいことになった・・・・・


行った時間が早かったので店内にはまだ地元の客が数名しかいない
場所的にも料理の内容も外国からの観光客向けの店ではないかもね

warung_ss_1
早速全てのサンバルにチェックを入れる奥様

warung_ss_2
注文を取りに来た店員が確認したが・・
ホンマかいなと何度も注文を聞き直した

warung_ss_3
店長らしきスタッフまで出てきて注文を聞き直す

OKして待つこと20分くらい

warung_ss_4
注文したサンバルは小皿に盛られて二人がかり運ばれてきた
テーブル一つでは乗せきれないので二つ繋げて並べられた

warung_ss_5
次から次へと色とりどりのサンバルが小皿で運ばれてきました
まわりから生暖かい視線を浴びても続々とサンバルが出てきます


二つのテーブルをつなげても乗せきれるかどうかのサンバルです
全種類23皿のサンバルが並んだテーブルは異彩を放っています


サンバルは小皿だけども激辛の物が多いという事を忘れていた

地元民の生暖かい視線に囲まれつつナシ(ご飯)をいただきます
通常はサンバル1~2皿でご飯が余裕で食べられるオカズになる


伝統には伝統的に対応しようと右手でナシに混ぜて食べる奥様
左手を食事に使わないようにすると上げるか床に付けるしかない

warung_ss_6
ニンニクや唐辛子や豊富な香辛料が入ったサンバルは激辛です
多分10年分くらいの香辛料を一度に食べたかもしれない

なんとなく風邪気味だったのだが汗と涙が出まくりで体が熱い
しかも頭痛がカプサイシンのガーンという威力?で消えました

「もうなんだかわからなくなったぞ!」 wani_wara

やはりスパイスは健康の秘訣だが今度行くときは3種類くらいにしとこう


これだけ食べて飲んでナシもお代わりして1500円くらい
フレッシュマンゴージュースは今回の旅行で最安値の70円!


*その時の動画です*

 

まとめ的な

『Waroeng SS』

スカワティー市場近くにあるワルンSSは観光客向けではないけど
激辛サンバルがたくさんある奥様の超お気に入りのレストランです
英語はあまり通じないので多少のインドネシア語と勇気は必要です

 


サンバルは一人で3皿くらいにしたほうがいいですね

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

関連記事: