バリ島のロスメン(民宿)の水事情@お風呂とトイレと洗面台

お湯が出てシャワーが使えればいい

海外旅行で気になることはいろいろあると思います
治安や政治情勢などの命に関わる情報はとても大切

その次あたりにくるのがトイレやお風呂などの水事情かな

losmen_water_1.jpg
インドネシアではこれはもうピンキリというしかないほどの差がある
ロスメンだけを考えてみてもシャワーはあっても水しか出なかったり
待ってたらお湯にはなるんだけど水圧はしょぼいとか

「バスタブは完備しているがお湯は溜まらないとかね」

宿泊していたロスメンにもバスタブはあったが湯船に浸かることはなかった
お湯がバスタブ一杯になる前に常温の水になってしまうのが明白だからね

losmen_water_2.jpg
シャワーのお湯の出が悪くても洗面用の蛇口からは勢いよくお湯が出たりする
水道水は当然生水なので飲むのには勇気がいるなあ・・というか飲めない

顔を洗ったり歯を磨いたりするときはあまり気にしないけど

沸かしてコーヒーを飲むときはスーパーでミネラルウオーターを買って使った
味はともかくとしてアジアで水道水が飲めるのは日本だけと考えたほうがいいかも

losmen_water_3.jpg
そしてトイレ!

旅をする者はバスタブはなくて我慢できてもトイレは無理

写真のようなトイレは多分まともな方だと思う
使用したトイレットペーパーは流さないでゴミ箱に入れる
そしてシャワーのような取っ手がついている物体は・・・そう

手動ウオシュレットなのだ

使い方はいろいろ・・座ったまま使うものなのか・
それとも少しは腰を浮かせるものなのか・・

「これもなんとなく慣れが必要だな」

そして

土着的というかトイレに関してはかなりドメスティックな設備の場所も多いのも事実!
またぐ四角いスペースがあって横に水溜めと手桶が置いてあるとか!!!

domestic_toilet.jpg
ちなみにこれはワルンSS

もちろん済んだら手桶で水を汲んで流すわけなのです
そういえばイスラム圏では左手で食事しないなぁとか考えたりしながら

これはデルタデワタのスーパーにもあったし大きめのワルンでも見かけます

「もうこれは慣れるかそれとも外出先ではトイレを使わないしかない」

ホームページを持っているロスメンの場合はバスルームやトイレの画像を
掲載しているところもあるから確認できるところも増えてはきた

バリ島に行ってからロスメンを見て回るときはベッドルームはもちろんだけど
バスタブはあるか トイレの設備はどうなのかの確認は必須です

losmen_water_4.jpg
隣の部屋のシャワーをチャックする奥様

「もちろんちゃんとお湯が出るかどうかも重要です」

インドネシアでは昨年ガス代が8倍に値上がりしたそうだ
ロスメンもワルンなどの食堂もだいたいプロパンガスを使っている

光熱費はできるだけ安く抑えたいと考えるオーナーも多い
南国とはいえシャワーが冷水だとなんとなく流した感じがイマイチ

これもなんとなく慣れが必要です

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

関連記事: