クアラルンプール雑感@時事ネタは書きませんが・・

クマのぬいぐるみを持ったニキータ

日本人がリタイア後の移住先として一番人気だったマレーシア
その首都であるクアラルンプールが違うニュースで話題になった

普段は自分の体験以外は書かないけど気になった事件なので覚書を


これは今年の1月2日に日本に帰国する朝のKLIA2内の光景です
到着ロビーがあるLEVEL2はショップも多く賑わっていました


出国する人達でごった返しているLEVEL3(出発ロビー)です
この時はカラフルなイスラム系の団体旅行者が目を引きました
前も後も出発を待つ乗客で賑わうクアラルンプール国際空港

「KLIA2は多国籍の人種が行きかうアジアの交差点そのもの」


これは2016年7月の帰国時に撮影した同じKLIA2の3階出発ロビーです
赤い自動チェックイン機の前が今回ニュースになった事件が起きた場所
その後に駆け込んだインフォメーションカウンターがオレンジの看板の所

 

報道開始

最初に事件の報道をしたのは韓国のKBSで翌日2月14日のテレビニュース
金正男氏は2月13日にクアラルンプール発マカオ行きの便を待っていた
自動チェックイン機の前にいたところを二人の女性に突然襲撃された


当初は毒針で刺されたとか液をかけられたとか色々と情報が錯綜していた
そして救急車両で病院に向かう途中のわずか20分で金正男氏は死亡する


事件の2日後の15日に空港に戻ってきた容疑者の一人が逮捕された
その姿を捉えた監視カメラに映る容疑者の姿を見て愕然としました
LOLの文字が入ったシャツを着ているのが暗殺の実行者だという

 

LOLのTシャツ?

LOLはこの事件で多分認知度が一気に高まったネットスラングです


ベトナム国籍のニキータ(暗殺者)はこのシャツを着て任務を実行した
マレーシア政府が言うようにこの女性が北の工作員だとしたら恐ろしい

「笑うという意味のシャツを着て粛々と暗殺を行う」


その恐ろしい工作員が空港から脱出する姿は監視カメラに捉えられていた
シンプルな文字入り白いTシャツはまるで目印かのように目立っている
映画とはいえニキータ(原題:NIKITA)だってもっとまともな服を着る


実はこのLOLのシャツは容疑者が以前から持っていたTシャツだったらしい
現在は消されているFacebookに本人が着用した写真をアップしていました

「つまりこれは容疑者のお気に入りの私服だということです」

 

ぬいぐるみ登場

容疑者が滞在したホテルの監視カメラにはもっと変なものが写っていた
ホテルのカウンターに近づく容疑者は巨大なぬいぐるみを抱えています


これは容疑者がFacebookに投稿していたクマのぬいぐるみです

「つまりこれもニキータお気に入りの私物」


ホテルに持ち込んだピンク色のキティのキャリーバッグの画像もありました
両方とも容疑者が持っていた物だからわざわざマレーシアまで運んできた

「つまりこれもニキータの私物」

 

要するにこういうことか・・


スパイや工作員が仕事を行う時にはその状況に合わせたTPOがあるはず
目立たない服だったり捨てても身元がばれにくい道具類や携帯品だったり

「映画でも現実でも流石にこのチョイスはないだろうな」

 

猛毒物質を素手で使用?

マレーシア保険省はこの事件では猛毒物質であるVXが使われたと発表
毒性の少ない2つの化学物質を混合して猛毒のVXを発生させたらしい
テロリストが透明の手袋に病原菌を付けたバイオテロを思い出しました


海外ドラマ24でパーマー大統領が女性と握手後に突然倒れたあのシーンです
この時はテロリストのマンディは自分を守るためにちゃんと手袋をしてます

容疑者は手にした物が猛毒を発生させることを知っていたのだろうか?
そして米粒程度が致死量であることを理解して暗殺を行ったんだろうか?

「素手でVXに触れていたらもうこの世にいないだろう」

 

ベトナムのテレビに出ていた?

事件後に化粧室で手を洗い空港から速やかに脱出した実行犯のひとり
ドアン・テイ・フォン容疑者はベトナムのアイドル発掘番組に出ていた

しかし10秒くらい歌を歌ったらダメだしされて頭を掻きながら退場した
秘密のミッションを遂行するはずの工作員がプライベートでテレビ出演?

 

しもこの容疑者が訓練を受けた北の工作員だとしたら

 お気に入りの巨大なクマのぬいぐるみを抱え
 キティーのキャリーバッグ(多分偽物)を持ち
 LOLのTシャツを着て外国の空港で暗殺をした

Facebookに複数のアカウントがあり自分の顔写真も投稿していた
プライベートを隠すはずの工作員が自分を売り込む番組に出演

ターゲットになったのは北朝鮮のロイヤルファミリーの一人である
後継者争いから外れたとしても国際的な要人には何ら変わりない

自分が実行する任務が成功すれば確実に歴史に残る大事件になる
ホテルに戻ったら巨大なクマのぬいぐるみを抱いて眠りにつけばいい

 

事件の2日後に同じ空港内に戻ってきたところをマレーシア警察に逮捕された
もはや天然という言葉も出ないが容疑者にとって逮捕は想定外だったらしい
B級ドラマでも使わないようなシナリオが今回の殺害事件のあらましです

 

まとめ・・・的な雑感

2月13日にクアラルンプール国際空港(KLIA2)で起きた金正男氏の暗殺事件
実行犯として逮捕された2人のうちのベトナム国籍の女性を調べた雑感です


この容疑者の所持品や行動を考えると訓練を受けた北の工作員には程遠い
ニキータのようなプロではなく芸能界を夢見る若く能天気なベトナム人女性だ

事件当日に北朝鮮国籍の4人の容疑者はKLIA1から速やかに出国したらしい
こういう行動こそが要人暗殺というミッションを行う工作員には必要だろう

しかしドアン・テイ・フォン容疑者は2日後の15日になぜか空港に戻った
ホテルに荷物を置いたままパスポートも持たず空港に戻ってあえなく逮捕

誰かに騙されたとしても空港で要人を暗殺した事はテロというべき犯罪行為
実行役の二人の容疑者には気の毒だけど気軽に同情することはできません

今回の事件は北朝鮮から脱出する脱北者には極めて効果的な警告となった
ロイヤルファミリーといえども逆らう者は枕を高くして寝ることはできない

このテロ行為の首謀者が国際社会からますます孤立していくのは明白です
しかしその国には日々の生活に支障をきたしている多くの国民が生きている
テロを起こした本当の張本人はいつまで高みの見物をしていられるだろうか

関連記事: