台北の光華商場はパソコンが元気だぞ!

台北の電気のデパート

台北の秋葉原 「光華商場」は台北駅から電車で2駅の所にあります。
バイクだと5分くらいで着くので台北に行くときはなるべく毎回行ってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

kouka_1.jpg
以前はこの近くの別の場所にあった光華商場ではPCパーツと共に、
コピーソフトや海賊版DVDなどがガンガンと売られまくっていた。

kouka_3.jpg
現在はコピーソフトは売っていないんだろうけどDVDはちと怪しいかも。
日本のドラマのDVD正規版モノがなぜか、日本で売っている価格よりも
売り値が安かったりする。

「まあ考えてみるとやっぱり変じゃね?」739024

kouka_4.jpg
光華商場に行ってなんとなくほっとするのは1階がパソコン売り場という事。
今は秋葉原でも大型の店舗では1階はスマホ関連やゲーム関連の売り場で、
パソコン関連の売り場は2階以上に追いやられたりしている。

kouka_5.jpg
光華商場の1階はASUS、Acerや東芝などのパソコンが所狭しと売られている。
日本ではパソコンは「売れる商品」ではなくなってきたから仕方ないんだけどね。

kouka_2.jpg

追 想*

初めてパソコンを買ったのは1988年頃

1988年・・・・・ 

ひえ~~もう25年も前か・・・・・・・・・・

当時はマッキントッシュの全盛期でウインドウズはまだMS-DOSの時代。アメリカで貧乏学生だったからマッキントッシュのパソコンなんて夢のまた夢。今は無き ATARI というモノクロ画面のパソコンが初めて買った物。あれから25年。海外に行くときは必ずパソコンを持っていったのはそれももう5年以上前か。今はスティーブジョブズが夢見た通りの時代になってきた感じです。パソコンを産み、そしてオワコンにしたジョブズの夢が現実になりつつある。トレンドは確実にパソコンからiPhoneやiPadなどのタブレットに移ってきた。

いまだにパソコンでしかやれない、もしくはパソコンの方が速くできる事は多い。でもこれから先はパソコンとタブレットはどんどん棲み分けが進んで、未来の子供達はパソコンをレコードプレーヤーみたいに見る時代が来るかもね。ちなみに初めて買ったATARI 1040STというパソコン用として最初に買った外付けのハードディスクの容量は40MB。40メガバイトなんて今ではメモリーでも見当たらないな。
25年後の現在、会社で使っている外付けハードディスクの容量は・・・・・

 

kouka_6.jpg
1TBや2TBが何台あるかようわからん・・・しかも足りない・・・・。

「時代の移り変わりは速いねぇ・・・」

台湾ポップスを聴くとなんか懐かしいようなほっとするような気分になるのと
同じかもしれないけど光華商場ではまだまだパソコン売り場が元気です

場所は ここ   参照:台北の秋葉

関連記事: