6月末のランカウイ島旅行20@クアラルンプールから羽田へ

ホテルから空港に向かう

帰国日の朝はだいたいいつものんびりしています
時間までに空港に着く以外の事は細かく決めません


帰国便 クアラルンプール→羽田(7/4) airasia

便名 出発地 出発時間 到着地 到着時間
D7 522 KLIA2 14:25 HND(羽田) 22:30

WEBチェックインを済ませてあれば出発時刻の1時間前までに荷物を預ける
そして20分前までに出発ゲートにたどり着けば飛行機に乗って帰国できます

「もう少し余裕をもって動くけどね」


レンタカーを借りている場合は空港内の駐車場に車を返却します
KLIA2ならナビを空港ではなくTune Hotelにすれば行きやすい

メモTune Hotelの道を挟んだ反対側に空港駐車場の入り口がある

街を探索しつつ高速へ


ホテルはとっととチェックアウトします


お約束のレンタカーは『』ナンバーのプロトン


日本のように宿泊客は駐車料金サービスとかはないらしい


朝のチャンカット ブキビンタン通りは歩く人も少ないです
午後は坂の右側でマッサージの呼び込みが溢れてるけど


アロー通りにいたっては早朝の新宿 歌舞伎町の雰囲気です

メモ酔いつぶれたホストは落ちていませんが

バイパスから高速


未だにどこからどこまでが有料道路なのかよくわからないマレーシア
道路をスーパーカブが走ってたらバイパスで料金所があったら高速か?


空港の近くのガソリンスタンドで満タンにします
油種は95番がレギュラーで日本と違い黄色いノズル


日本だと黄色はハイオクなので間違えないように


産油国のマレーシアはガソリンが安いねえ
1リッターで1.89RMなら49円くらいです

「22リッター給油して約576円」


給油したスタンドの番号を伝えて料金を支払います


先に30RMくらいを渡してお釣りをもらう場合もありました
その場合は”Fill it up”(満タンね)とか言えば大丈夫です


iPhoneのGoogle mapをナビにして空港までの道のりを走ります
たまにGPSが走行中の道を間違えて認識することは日本でもある

「標識に空港マークが付いている方向に行けばOK」

KLIA2の駐車場にレンタカーを返却

空港が見えてきたら要注意です


目的地はターミナルビルではなくて駐車場のある地上階です
ターミナルに入る直線の手前に右から下に向かう側道がある


側道を降りていくと駐車場のある地上階に出ます
標識にも直進で”Car Rental”の文字が見えます


右の赤白のビルがTune Hotelで目的地に到着です
この側道の左側に駐車場の入り口があるので入ります


KLIA2でレンタカーを借りた場合はBlock Bが返却場所です


借りたレンタカー会社の駐車スペースを見つけて車を停めます
満車なら空いている場所に停めて駐車位置番号を撮っておく

「入り口で受け取ったパーキングチケットは必ず持っていく」


レンタカーの返却時は特に問題がなければそれほど時間はかからない
“Gas is full”(ガソリン満タンだよ)と言って鍵とチケットを返すだけ
デポジットのクレカの紙は返されなかったけど問題は起きなかった

メモパーキングチケットを渡さないとそこに車があるかどうかわからない
その場合はスタッフが一旦駐車場まで行って現車を確認する必要がでてくる


後ろに見えるのは美味しいカレー屋の看板です(参照
まだ時間があるなら荷物を預けて手ぶらで戻ってきます
面倒だったら食べちゃってから上の階に移動します


テタレ(マレーシアのミルクティー)も飲み納めです


nz curry houseは旨いんだけど看板に出てる料理があるとは限りません
巨大なロティーティッシュを食べたかったけどこの日はなかった(参照

KLIA2の出発ホール

KLIA2の出発ホールはLevel 3にあります
手荷物カウンターで預ける荷物を渡します


このホールは痛ましい事件で世界中に有名になりました(参考


その時とほとんど変わらない出発ホールの光景


何事もなかったようにキオスク端末でチェックインしてます


成り行きの様子を探っていたというカフェの席には怪しい人影が


「多分ブルカを着た女性だろうけど」

ブルカ
伝統的にイスラーム世界の都市で用いられた女性用のヴェール(ヘジャブ)の1種

最後のお買い物をして荷物を預ける


もはや恒例行事となったKLIA2のクロックスで靴を買います
仕事でもプライベートでも他の靴は履かないし持ってません

「おススメは手前の棚にあるレディースが激軽量」


免税のランカウイ島で買い倒したお土産はスーツケースで32.8kg


それ以外が詰まったボストンバッグは12.5kg

「まだまだ余裕だったな」


空港内の両替はどこも統一価格で100円が3.5RM


KLIA2で両替をするよりも街に出たりランカウイ島でする方が得です

「100円で5円の違いも10万円なら5.000円」

羽田へ向かう


エアアジアはもう何度も乗ったなあ


「ここに置いていってくれんかのう」
「とにかく日本に帰りますよ奥様」

メモ帰国時にはお約束のように駄々こねを始めます


エアアジアはマリンド航空と違って遅れも少ない

「さて離陸です」


爆睡していて起きたら羽田に着陸寸前でした


翌日から仕事なので何事も無かったようにこそ~りと戻ります

「そこ重要」


今度のマレーシア旅行は年末年始の予定です

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: