浅草Monteeでタイ料理を食べる今日の奥様@浅草地下街&川沿いカフェ

地下街にあるタイ料理屋

今年の6月に近場探索用として125ccのスクーターを買いました
停める場所も困らないし押しても軽いのでなかなか便利です


今日は奥様と浅草の地下道にあるというタイ料理屋に行きます
お店は銀座線浅草駅を降りて行ったエリアにあるらしいです


5月末に引越してきたばかりでこの近隣が良くわかってません
外人の観光客に電車の経路を聞かれてもさっぱりわからない

「近場探索も兼ねたランチです」


お世辞にも清潔とは言いがたいエリアに店舗が点在しています
美味しい料理が食べられるなら多少のことは気になりません


地下鉄の入り口から1分くらいでそれらしいお店を発見!
ランチタイム直前に来たのでまだ開店前で空いていました


東京の下町にあった駄菓子屋みたいな入り口ですね
店内からは早くもエスニックないい香りが漂います

MONTEE モンティ


あっという間に満席になりそうな店内にはテーブルは6つのみ


タイ人の家族で経営しているお店のようです
いつも常連さんでいっぱいでなかなか座れない


タイカレーと言えばレッドとグリーンの2種類が有名です
スープカレーのような汁系なので多分小麦粉は使っていない


バミーは中華麺を意味するので小麦粉が使われた麺


ランカウイ島で食べたトムヤムスープが忘れられない奥様
モンティーにはスープのみのメニューはないのでラーメンを

「米とたまごの麺があります」


メインディッシュのバリエーションはこんな感じでした

料理


これは『ムーマナオ』で豚肉サラダだけど見た目同様に激辛の一品
食事中に水をほとんど飲まない奥様がぐびぐびと飲みまくってました

「口の中が火を噴いてるわ」


酸っぱくて美味しかったトムヤムラーメン
それ程辛くはなく酸味はかなり強いです

「ランカウイとは味が違うけど多分こっちが本場物」

メモ思い出は追いかけるものではなく振り返るもの


日本で人気のグリーンカレーは辛くはないけどご飯が進みます
タイ本土ではレッドカレーの方が圧倒的に主流なんだそうです


ゴーヤの炒め物は辛い物とセットで食べるとよく合います
唐辛子で火事になっている口の中が程よく緩和されました

「独特のコクもあって旨い」


香辛料が効いて新陳代謝が上がりまくるので汗だくになります
地下道で気軽に本場の激辛タイ料理が食べられるお店でした

「ここはまたフラッと食べに来ます」


MONTEE

カフェに移動

隅田川の川沿いの道にはお洒落なカフェがたくさんあります
テラス席があるお店もあるので風景を眺めつつお茶します


浅草界隈は何台もの人力車が道を走っていますね
タクシーとは違う風情があって観光客に人気です

メモ道交法では軽車両になり自転車と違って歩道は走れない
『軽車両は除く』の標識があれば一歩通行の逆走ができる


新仲見世の商店街を歩いていたらフクロウカフェがありました
中でフクロウをナデナデできるというので早速入ってみました


フクロウは頭の後ろをナデナデするのが基本だそうです
顔やお腹の部分に触るとフクロウに怒られるのでダメです

メモお触りNGの鳥は”Don’t touch!”の札が付いています


瞑想中のような賢人タイプのフクロウ


つぶらな瞳のおこちゃまフクロウもいました


上の方に鋭い眼光で睨みつけるフクロウがいます
自分の縄張りを荒らされたと思ったんだろうか


しかし視線を見ると違う方を向いているような・・


ジブリの『風の谷のナウシカ』を真剣に鑑賞中のようです

「英語の字幕を読んでたのかな」


毛並みが美しいスフィンクスみたいなポーズのフクロウ


思わず奥様もナデナデを始めました

「きゃ~ふわふわ~」


フクロウをナデナデしたい人には最高の場所かもです


そしてこれが噂のカワウソ鍋(お昼寝中)


かわいいですがもちろん食べられません


アウルの森 新仲見世通り店


新仲見世商店街にコーヒー専門店の和蘭豆がオープンしていました
銀座にある本店はかれこれ30年以上前から通っていました(参照


場所柄なのかあんみつとかグラタンなどもメニューにあります
もうコーヒーとトーストで勝負するような時代ではないのかな

「ここは奥様が買い物のついでに寄りそうです」

今日(7月29日)は隅田川の花火大会が開催されます
新居の前の道も通行止めになるので早めに帰らないと
奥様は浅草ROXの中にあるまつり湯で花火を見るらしい

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: