ピーチ航空で行く台湾弾丸日帰り旅行の予定その2@台北で外貨両替するならどこ?

円安でも旨い火鍋を台湾で

アジアを旅行するときは日本国内では一切両替をしていきません
現地の空港内には外貨両替の銀行や両替窓口が必ずありますから


「開いてなかったらどうするの?」
「ATMでキャッシングしてもいい」

メモ到着時間なら銀行はだいたい開いています

両替手数料のない銀行を探す

アベノミクスの経済効果の前途はともかく円安誘導はまだ続いています
気軽に台湾日帰り旅行を楽しむためには効率よく移動する必要があります
まずは両替手数料が無料の銀行を調べてみます(→ここにアクセス!


findrate.twというタイトルそのまんまの両替金額の比較サイトです
中国語(台湾語)のページですがチェックするポイントは3つだけです

メモブラウザはIEではなくGoogle ChromeFirefoxを推奨

*銀行名の一覧から『郵局』の文字を探す


郵局とは台湾の郵便局のことで外貨両替の手数料が無料になっています
その次の数字『現鈔買入』は1円をいくらで買うか(We buy)のレートです
郵便局の外貨両替レートを参考にして一番お得な銀行を探してみます

メモ外貨両替についてはここを参照

 

*免手續費(手数料無料)の文字を探す


郵局の行の右端に『免手續費』と書いてあるのが手数料無料の意味

*ページ内検索を使うと便利

WEBページを閲覧中に調べたい言葉や文字があればページ内検索を使います
そのキーワードをマウスでドラッグ(右からでも左からでも)して選択します

次にFirefoxを使っているならキーボードのCtrlとFを押します
マックのパソコンならコマンドキー(⌘)にFを押せばOKです


ブラウザの下に検索のバーが表示されるので『すべて強調文字(L)』を2回クリック

Google Chromeは右上に検索窓が出てくるけど自動的に文字は入りません
右クリックで『免手續費』の文字をコピーしてこの窓の中にペーストします

「そしてエンターボタンを押す」


ブラウザのページ内にある『免手續費』の文字だけがハイライトされて見やすくなる
この文字が付いている銀行だけが手数料無料なので一番数字の大きい銀行を選びます

*ページ内検索はWEBページの中にある文字を簡単に検索できる便利な機能
*膨大なリストを調べたり日本語以外の言語でもキーワードを抽出できます

*買取金額の大きな銀行を探す


この価格表はリアルタイムで金額も銀行の並び順序も変わっていきます
現時点では『大眾銀行』というなんて読むのかわからない銀行がいい感じ
陽信銀行は0,2722だけど手数料が100台湾ドルかかるので選びません

*数値の簡単な見かた*
日本円10,000円を両替するならゼロとコンマを取った数値が台湾ドル
0,2718に対して1万円を出すと2,718台湾ドルに交換してくれます
交換手数料が無料の銀行ならこの金額がちゃんと返ってくるはずです

「間違えにくいメリットもあるね」

銀行の場所を探す

『大眾銀行』というのが一番率のいい銀行だということがわかりました
次にその銀行がどこにあるのかをGoogleを使って探してみましょう


大眾銀行の文字をマウスでドラッグして選択状態(文字を反転)にします
そこでマウスを右クリックして出てきたメニューからGoogleで検索を選択

メモ実際の検索結果はこちら


検索結果が表示されるとこの銀行はどうやら大衆銀行という名前のようです
Googleの検索窓をクリックするとさらにアンド検索として台北が出てきます
これで『大衆銀行と台北』のキーワードで検索結果を絞りこむことができます


台北市内にある大衆銀行の地図が表示されるのでクリックします

メモ実際の検索結果はこちら


この中から滞在するホテルや観光ルートに近い場所を探して選択します
こういう地図を見ると地理に弱い奥様は何かの模様にしか見えませんが

「全然わからないわ~」
「んじゃ単純にしよう」

台北市内を4分割にしてみる

*台北市内の真ん中を走る市民大道を中心線にして上が北で下は南と考える


道や通りの名前に北路とか付いていたら南北を走る道路で市内の北側ということ
市民大道を南北に横切る大きな道には方角を示す名前が付いていることが多い
つまり『なんとか北路』を南に走れば市民大道を超えて市内の南側に辿り着く

「極端に言えば北路や南路は市民大道を超えると逆になる」

*市民大道を境にして全ての道の名前が変わるわけではありません
*中山北路は市民大道の次の道(忠孝西路)から中山南路に変わります
*復興南路や敦化南路は市民大道の隣の八徳路を超えて北路になります


東西に名前が分かれる道は地図上の中心ではなく西側の中山北路が分岐点
地理的には建国高架道路が東西の中心線なので走るときの参考にしてます
滞在場所と行きたい場所の位置関係がわかっていれば迷子にはなりません


空港から電車やバスで台北駅まで来た場合の選択肢は2ヶ所あります
どちらも徒歩で15分程度の距離にあるので市内に入って両替でもいい


スクーターを借りてガソリンを入れに行く途中にある長安東路を選択しました
地図上の銀行をクリックすると場所の詳細が出るので真ん中の写真を選択

メモ実際の検索結果はこちら

「あ~ここなら何回も通ったことがあるけど知らなかった」

外貨の両替は台北市内の全ての銀行が対応しているわけではありません
旅行者は便利(面倒)なので空港内や大手の銀行などで両替しがちです
手数料は取られても100台湾ドルですので費用対効果で決めればいいです

*まとめ的な

*10月に初めてピーチアビエーションで台北日帰り旅行に行ってきます
*宿泊代金を浮かせて食事や温泉を楽しみたいので効率性が重要課題です
*大衆銀行という台北市内のあちらこちらにある銀行での両替がお得です
*宿泊するホテルやMRTの駅から近い場所なら利用する価値は充分あります
*2か月に1回くらいのペースでも行けそうなのでチリも積もれば山になる


*手数料の100元は銀行の先にある生猛海鮮(小皿料理)で一皿食べられる金額です*

「無駄を省いて旨い物食べて温泉で伸びるぞ~」

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: