結露対策は2重サッシで即解決!@プラダンで作る簡易的な内窓DIY

水蒸気が冷える季節

「あなたっ!窓の結露がすごいわよっ!」

都内の新居に引っ越しをしてから早くも半年余りが経過しました
2×4材で本棚や室内物干しを作ってなかなか快適な生活空間です
しかし冬場になると今までとはちょっと違う問題も出てきました

 

窓に発生する結露です!

 

結露防止対策


国際通りに面した部屋にはなぜか出窓風のスペースがあります
爺さん婆さんになったらここに座ってお茶を飲むかもしれません

「天気がいいねえ爺さんや」
「外は大雪ですよ婆さんや」

ありそうでちょっとこわい・・・

メモベッドを出窓にぎりぎりに置いたので座るスペースはなくなった


冬場になると窓に面した側のシーツがしっとりと濡れるので困りました
結露防止シートをガラス面に貼ったけどいい効果は出ませんでした

「窓ガラスの結露でベッドがジメジメするわっ」
「ホームセンターにでも行ってみるかのう」

*結露って何?*
空気中に含まれる水分(水蒸気)は気温が上がると増加して湿った空気になる
冬場に気温が下がってくると暖房で暖まった部屋の中と外に温度差が生じる
部屋の中の暖かい空気が窓ガラスで冷やされて内側に付着する水分が結露です

「銭湯の帰りに車に乗り込むとフロントガラスが曇るのも同じだな」

メモお風呂上がりの奥様の体温と車外の気温に差が発生して車内の窓が曇る

 

2重サッシの窓をDIY

奥様の希望は出窓のスペースに2重サッシの内窓を設置したいとのこと
道路側の窓はベッドに近いので防音効果も期待できて一石二鳥でした


アルミサッシのガラス窓を作るとなると専用工具類も必要になるので難しい
しかし昨今ではメジャーとカッターやハサミがあれば作れる素材が増えました


ポリカーボネイトもそういう素材の一つで日曜大工でよく使われています
小さな内窓制作などでは定番素材とも言えるDIY用品で強度的にも充分


いろいろな材料を真剣に吟味している奥様です
そしてやっと決定したのがこちらの素材でした!

プラスチックダンボール


プラスチックダンボールは通称プラダンと呼ばれる段ボールのシートです
その名の通りプラスチックを原料として作られているので加工がしやすい
カラーも色々と用意されているのでお好みのプラダンを使って制作できます

「赤い窓ってちょっと落ち着かないかも」


プラダンを窓にしてパネフレームを窓枠にすれば安くていいものが作れそう
2重サッシをDIYで作るための必要な素材はホームセンターで全て揃いました


ちょっとした物は自分で作ってみると意外に簡単で面白い作業です
ニーズに合ったサイズの既製品はなかなかないし探すのも大変です

「DIYはコストが安い」
「そことても重要!」


大きなホームセンターのメリットは工作室があることですね
作るサイズを正確に決めたら素材をカットしてもらいます

*購入した物*
*パネフレーム×4
*パネフレーム用横カバー×1
*パネフレーム上レール×1
*パネフレーム下レール×1
*プラダン ナチュラル×2
*取っ手のパーツ×2

メモパネフレームは交差する縦の部分も作るなら6本必要かも

作業開始

作業と言っても素材をカットしてあれば貼り合わせでできてしまいます


思いがけず手間取ったのはプラダンをフレームに差し込む作業でした
プラダンは柔らかい素材なので強い力で引っ張ったり叩くと傷付きます


ずらしたり徐々に差し込もうとしてもなかなか思うようにいきません
そんなときに意外や意外な物がプラダンのはめ込みに役に立ちました

「あなたっ! ギターのあれを使ったらどう?」


ギターのあれというのはギター弾きなら大抵の人が持っているスプレー
ちゃんと手入れをしないと指板に付いた皮脂やヨゴレで弾き難くなる
そんなギターのネックに吹きかけるだけで滑らかになる潤滑剤です


フレームにスプレーをかけてプラダンを差し込んでいくとあら不思議
今まで思うように動かせなかったプラダン作業があっという間に完了
Finger easeという商品が有名ですがこの手のスプレーならどれでもOKです

ただしFS1のスプレーはあまりお勧めしません*
FS1には必要以上の潤滑成分が含まれていてしかもまわりに飛び散りまくります
ギターのネックに吹きかける時も場所を考えないとその辺一帯が滑りやすくなる
クッションフロアの床がスケートリンク状態になって2~3日はヤバかった


出窓の端には1cmくらいの出っ張りがあるので板を置いて高さを調整

メモ干してある除湿シートは毎日ピンク色になっていました


天井は雰囲気に合わない和風の板だったのでベニヤ板を貼りました
ここにマレーシアで買ってきた布でデコレーションしてたんだけどね

メモ天井の布はここを参照

 

2重窓のはめ込みと微調整


プラダンはガラスとは違って柳の枝のように曲がるので設置は簡単です


出窓には梁(はり)が出ている部分があるとギャップができてしまいます
アルミサッシのガラス窓なら梁の部分を削って設置する必要があります


プラダンはハサミやカッターで簡単に切れるのでエッジをカットしました
2重サッシの目的は結露防止なので上端の隙間は特に問題にはなりません


下端は板を置いて高さを調整してあるので梁とのギャップはなくなっています
設置してから気が付いたけど溝が深い方のレールを上にするのが正解みたい

「プラダンは曲げられるから上下とも溝が深いのもありです!」


ワンコも置かれて設置完了です

「わ~い」

まとめ的な

新居に引っ越しをしてから今回初めての冬の季節を迎えます
部屋暖房を使うことでベッドルームの窓に結露が発生しました


簡易的な内窓ならプラダンなどの素材を使って簡単に作成&設置できます
窓の結露対策が目的ですがエアコンの効率が良くなり節電効果も大きい
外からの冷気を防ぐことができればガラスやアルミサッシでなくてもOKです


*内窓の効果は絶大でジメジメしていたマットやシーツは全く濡れなくなりました
*毎朝干していた除湿シートも青色のままで結露の水分が明らかに激減しました

また内窓を開けるとわかるのですがひんやりとした空気が入ってきます
こんなに簡易的な2重サッシでも外からの冷気を防ぎ暖房効率が上がります
防音効果も上がり目隠しにもなりお財布にもやさしく夏場は外すのも簡単です

「省エネで快適なエコライフをおススメします!」

*プラダンで結露対策*
ホームセンターで入手が可能なプラダンなどの素材を使って内窓を設置します
(1)窓枠のサイズを正確に測る(多少短かくてもOK)
(2)プラダンとフレームをサイズに合わせてカットする
(3)フレームを両面テープで壁面に固定する
(4)プラダンを枠に固定する
(5)完成した内窓を設置する

*注意点*
柔らかい材質なので大型の内窓を作る場合は強度が問題になるかもしれない
そういう場合はポリカーボネイトなどプラダンよりも強度がある素材を使用する
プラダンの表面は若干の色むらがあって”くすみ”に見える部分があるのが普通
今どきベッドでタバコを吸う人は少ないだろうけどプラダンは溶けやすいです

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: