年末年始のマレーシア旅行2017-2018 part7@ガーニードライブの屋台村:Gurney Drive Hawker Centre

Ren I Tangのビストロ

インド人街のど真ん中にあるRen I Tang Heritage Innに宿泊中です
さすがに朝はこの界隈も静かなのでお目ざめのコーヒーをいただきます


ホテルは朝食が付いているので1階のビストロで食べられます


奥様はエスニック料理のレシピ本を見つけて研究中です


宿泊者は非常階段のある中庭に持ってきてくつろぐこともできます
コーヒーだけ持って長椅子に座って今日は何を食べようか思案中

「非情階段と呼んでいますが」


Ren I Tang Heritage Innの非常階段


奥様は日焼け防止で忍者ルックのチェックもします

Gurney Drive Hawker Centre

「お昼は屋台でご飯にするかのう」
「そうしましょう そうしましょう」

お昼御飯を食べに旧市街の北側にあるホーカーセンターに向かいます
高そうなホテルが並ぶ海岸通りのガーニードライブに屋台村がありました


アジアン屋台が大好きな奥様がホーカーセンター内をチェックします
がっつり食べると晩御飯が食べられないので軽く買い食いモードで


地元民に交じって旅行者の姿もかなり多かった


そんな一角に長い列ができているお店がありました


炒粿條(チャークイティオ)という麺料理のお店でした
マレーシアやシンガポールでは国民食というべき料理

「これは並んで注文するしかない」


見た事のない珍しい貝があったので買ってみました

「Kerangというのは新鮮な蛤の事なのかな?」

メモ赤貝の一種?でハイガイというものらしい(wiki


こっちの貝は食べるとこが少なそうなのでやめました


このKerangは茹でてチリソースで食べるのですが激ウマです!!!


赤貝のようなえぐみやコクがあっていくらでも食べられそうです
ビール飲む人はこれをつまみだけで何杯でも行けそうな感じ

「これは旨い!」


チャークイティオは”かき混ぜて炒めた紐状の米餅”という意味だそうです
見た目はこんなでも不思議なくらい”コク”があり思わず箸がすすみます

「これも旨い!」


残念ながらKerangはペナン島の他の店では見つけられませんでした
この後に渡ったランカウイ島でも夜市の屋台を探したけど置いてなかった
ペナン島のホーカーセンターに行ったらこれは是非食べてみてください!

メモその場でちゃんと茹でられたものに限る(wiki


「やっぱり気軽に食べられる屋台村は最高です」

アクセス


Gurney Drive Hawker Centre

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: