夏のマレーシア旅行です2018年6月その6@チェックアウトしてエビ親父の店でランチです

クアラルンプールのランチ

「エビが食べたいわっ!」
「それじゃあの店いくか」


クアラルンプール市内が見渡せるホテルも今日でチェックアウトです
受付カウンターはないから担当者に電話をして入口に来てもらいます


このカードだけで外から部屋にカギをかける必要がないのは初体験
ドアはオートロックでなく開けっ放しだが自分以外は部屋に来れない

エレベーターも駐車場のドアもフロアのロックまでもカード1枚で済む
しかし自分の部屋以外に行こうとしてもカギは開かずランプも点かない

「便利なんだか不便なんだか」

Soo Kee’s Son Prawn and Beef Noodle

「エビの店だわ~!」


なるべく知らない店を開拓したいとは言っても美味しい料理は食べたい
これからクアラルンプールを離れるのでお気に入りの料理屋に行きました

「エビ親父の店と勝手に呼んでますが」


明らかに歩道である部分を占拠?して店の調理場として使っています
日本なら保健所が営業許可を出さないし警察から撤去命令がありそう

めも マレーシアでは法律でOKなのかもです


開けたばかりの店内(歩道)はお客さんはいません
店主から中に入れと促されて本当の店内で座ります


少しメニューが変わったかな~?と確認中の奥様
この店で食べた海老のオイスター炒めは絶品でした


今日はエビ親父が見当たらないので息子が作るのかもしれません
親父さん直伝の美味しい料理を食べられるのかどうか楽しみです

参考エビ親父の店

料理は美味しいが・・


豆腐はどこの国に行っても独特の料理になっています
揚げ豆腐ひとつでも使うソースやスパイスで味が変わる

「旨い~!」


この骨付きリブの煮込みもスパイシーでとても美味しかった

「まいう~!」


さて奥様お気に入りのエビ料理です


最初に食べた時はあまりの旨さにおかわりしようかと真剣に悩んだ奥様
心なしかエビのサイズが小ぶりでオイスターソースもちょっとパンチが無い


ここは店名にPrawnが付いていることからわかるようにエビ料理は専門
しかし以前に食べたあの海老のオイスター炒めとは明らかに別物です
それ以外の料理が文句ないほど美味しかったのでちょっと残念でした

「まだまだ親父を越えられないかのう」

アクセス


Soo Kee’s Son Prawn and Beef Noodle

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: