ZRX1100のラストラン@ヨシムラ製テンプメーターの電池交換

お別れの時 ZRX1100


コンディションが良好で楽しく走れるオートバイは乗ってこそ本領を発揮します
乗る機会が減ってしまったら乗り続けてくれる人に手渡そうと決めていました

「いよいよその時が来たな」

*ZRX1100との出会い*

3年前はどこに行くのもカワサキゼファーの750で走っていました
通勤もゼファー、遊びに行くのもゼファー、お買い物もゼファー
ある日近所のバイク屋がそんな姿を見たのか話を持ちかけてきた
ZRX1100という状態のいいバイクがあるけど買う気はないかと


ZRX1100は1996年12月に発売された1100ccの水冷リッターネイキッド
既に発売から20年近く経っているのにまだ23000キロしか走っていない
自動車を購入する予定はなかったので買ってもいいがゼファーがあるし
なかなか決められずに考えが右往左往して奥様に相談したら次の一言

「この先リッターバイクなんて乗る機会はそうそうないから買えばっ!」

それで決めた


一時期はカワサキゼファー750とZRX1100の大型バイク2台が家にありました
2008年に起きたリーマンショックの時に車を手放してからはバイク一筋です


ゼファーは2回のオーバーホールを含め購入費用の3倍の修理費がかかった
しかし乗らなくなるとバイクが可哀そうなのでゼファー750は売る事に決めた


そしてZRX1100にあまり乗らなくなったら乗ってくれる人に売る事も決めた
真冬に秘湯に行きたいという奥様の希望でハリアーを買った事も大きい


ハリアーを買うと天候を気にしないでドライブができるようになった
プチ旅行の行程が変化して、ヤギのメリーさんとの出会いもあった


高校時代に読んだ漫画『750ライダー』で大型バイクに目覚めてしまい
20代に読んだ『あいつとララバイ』から完璧なカワサキオタクになった

「ノーヘル二人乗りで成田空港には行かないが」


ロン毛好きもこの頃からかw


今度大型バイクに乗るとしたらマレーシア移住後かな

 

 

ヨシムラのデジタルメーターが表示されない

時刻とバイクの温度とバッテリーの状態がモニターできる便利なアクセサリー
9月の台風の中を走行してから表示が映らなくなったテンプメーターです


カウルとスクリーンに守られた速度計類の奥底に設置されているマルチメータ
バイクのアクセサリーは防水加工の物が多いので電池かもしれないと調べてみた
デジタルメーターは本体内部にメモリ用のリチウム電池CR2032が内蔵されている

めもCR2032はコンビニで売っています


最初にMRAのレース用スクリーンを取り外します(設置場所によって変わる)


走行中に一番雨が当たらない場所に設置していました


本体はボディーにマジックテープで固定しています


ぺりぺりとテープを剥がすと電池ボックスの部分が見えてきました
故障ではなくリチウム電池が切れただけなら換えれば映るはずです


ふたを開けて着いていたCR2032を外します
2枚の金属で電池を挟むようになっていました


デジタルマルチメーター復活です!
時刻表示だけでもあると重宝します

 

ZRX1100でラストラン

久しぶりに奥様をのせて春日部方面にドライブしました


この店にはハリアーで通っていたのでZRX1100で行くのは初めてでした
八潮市のパキスタンレストランには何回もバイクで行った事があります


インドやパキスタンレストランのコックは働く店を頻繁に変えるらしい
奥様はあちらこちらのエスニック系レストランで目撃情報があります
赤い大型バイクも目立つので彼らにとっては印象深いのでしょうね

「奥さんとバイクどこかで見た」
「あら~どこかしらねえ?」
「俺は全く眼中にないと?」


バイクのちょっと不便な点はカレー屋に行っても持ち帰りが難しい事です
車なら多めに注文しても食べられるだけ食べて残りは後部座席に置けます

今まで東南アジアのあちらこちらで現地のカレーを食べてきました
不思議な事にカレー単体なら日本で食べた料理が一番旨かったと思う
日本国内のインドやパキスタン料理屋で日本人向きの味にしていない店
八潮市など同胞のコミュニティーがあるようなエリアの料理は最高です

「スパイス類の味が苦手な人には難しいが」

 

*春日部温泉の後は浅草の焼鳥屋へ*


春日部温泉でさっぱりしたら雨が降る前に東京方面に向かいます
奥様は温泉玄関口前にある蛇の神様に(雨よけ?)お参りしてます


混んでる国道4号をのんびりと走ってラストランもゴール間近
奥様は浅草の焼鳥屋さんで持ち帰りの串焼きなどを注文中


エンジンを始動させるとメーターのランプが鮮やかなグリーンに光ります
昼間はほとんど見えない程度の明るさでバックライトを調節してあります

ヘッドライトを点灯しないでトンネルに入ってもパッとメーターが見えます
走る為のバイクにはバッテリーを消費させるギラギラ照明などは必要ない


焼き鳥もいい感じでもうすぐ出来上がりそうですね
いよいよZRX1100のラストランも終了時間です


ZRX1100は軽自動車2台分の排気量がある割にコンパクトな車体のサイズです
高価なカスタムパーツを装備しているけど走る事が目的で飾りや置物じゃない
今すぐ売らなきゃいけないほど家計が厳しくはないがこれもバイクの為ですね

「大切に乗り続けてくれる人に引き継いでもらおう」

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: