ランカウイ島で伸び倒す平成最後の年末@マレーシア旅行2018-2019その6

12月29日のランカウイ島

*常夏のマレーシアに秋の雲?


マレーシアには四季がなくて乾季と雨期の二つのシーズンがあります
しかし今日の空は日本の秋頃に見られる『いわし雲』が出ていました

「お腹がすいたわっわっ」
「では地元食堂に行こう」

めも食欲の秋・・的な

 

 

アウェイ感漂うレストラン

*Restoran Kak Yan Nasi Campur


ランカウイ国際空港から車で20分くらいの場所にあるレストランに到着
早速お気に入りのテタレ(ミルクティー)を注文してご機嫌の奥様です


しかし冷たい物を飲むとお約束の頭痛ですね奥様


客層はほとんどが地元民で、あまり観光客が来る場所ではないようです
場違い的な雰囲気があるけどこういうお店のほうが料理は絶対に旨い


異邦人としては地元民の邪魔にならないように隅の席に座ります


マレーシアの田舎に行く時はウエットティッシュは必須ですね
除菌成分もあるのでスプーンやフォークをサッと拭いてもいい


イカンバカールやビーフンなど好きな料理を取ってうまうまと食べます
おかわりをしようと料理のテーブルに戻った奥様が何かを発見しました

「あなたっ!あの貝があるわっ!」
「ペナン島で食べたあの貝かな?」


日本では見たことがない特徴的な筋が入った二枚貝です
これは間違いなくペナン島の屋台村で食べたKerangだ


赤貝にそっくりな味で出汁も旨そうだけど貝の調理には注意が必要です
低酸素の環境で繁殖するので滅菌のためにかなり茹でないといけません


ポートディクソンで探した時は見つけられなかったKerang
ビールのつまみにもよく合いそうな濃厚な味を堪能しました

めもKerangの食べ方参考

 

洗濯しつつパンタイ チェナンへ

*旅行中でもマメにお洗濯


真冬の日本から常夏の南国に来ているので衣類は少なめに持ってきています
着る服が足りなくなるのは当然でコインランドリーでお洗濯は欠かせません

「かわいいのが接近してますよ奥様」


ちっちゃいのにスタスタと歩いています

「きゃ~かわいい!」


気が付いたら足元に転がってました

「ビーチサンダルと戦うなし」

 

ココナッツの中身は旨い

*チェナンストリートの屋台で買い食い


屋台のおじさんがナタでココナッツをスパっと掻っ捌きます


飲み終わった殻を兄ちゃんに渡すと中身を取ってくれます


この白い部分はナタデココの原料で奥様のお気に入りです
殻は燃料にもなるしココナッツは捨てるところがない果物です

「ナタでココナッツを切るからナタデココか!」
「あなたっ!おやじギャグが寒いわっ!」


食っちゃ遊び、また食っちゃ遊んでいます

 

チェナンビーチで夕陽を見る

*西向きの海岸にはマラッカ海峡の夕陽が沈む


ビーチ沿いのカフェで座ってのんびりと一休み


しかし今日は雲が多くてスカッと太陽が出てこない


待ちくたびれた奥様が謎のダンスを始めました

「夕陽出て来い~♪ 夕陽まだかい~♪」


「うえ~は~は~  うえ~は~は~」


「とえ~」
「何ですかそれは奥様」


今日はすばらしい夕陽は無理のようです

 

*360度カメラで撮影したエアアジア着陸シーン


ランカウイ国際空港の滑走路の端で飛行機が通過するのを待つ能天気夫婦を360度カメラで撮影しています。 動画再生中にマウスでクリックして全方向に視線を動かすことができます。スマートフォンの場合はiPhoneならYouTubeのアプリを使うか、ブラウザはSafariではなくてChromeで見てください。Android端末ならGoogle Chromeが標準ブラウザなのでそのまま360度動画で見れると思います。

「明日は何をして遊ぶかのう」

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: