元旦の初ディナーはPalm View seafood@マレーシア旅行2018-2019その13

パンタイチェナンへ

*午後ものんびりとドライブです


車は少ないけどたまに道端に牛がいたりするので田舎道も慎重に運転
クアタウンが近づいてくると交通量も増え信号機が顔を出してきます


地元民あふれる『Haji Ismail』とかいうモールに入ってみました
チョコレートの特売?をやっていてレジ前は激混み状態でした

「元旦にチョコレート?」


マレーシアのモールはどう見ても正規品ではないブランドグッズだらけだ
スニーカーのヴァンズや何故か洋酒メーカーのジャックダニエルズがある

「横浜ドラッグスターってブランドあったかしら?」


シュプリームは赤背景に白文字だから作るのは簡単そうです
日本ではあまり見かけないバイクメーカーのバッグも多い
スズキのバイクに乗っててもスズキのバッグはいらないな

「日本ブランドということなんだろうけど」


こうなるとブランドのロゴというよりシャツの柄や模様の一部
スーパーマンやスパイダーマンの胸のマークと同じ感覚かも

「バリ島でもヴィトン柄のサンダル売ってたな」


イブ サンローランにグッチ・シャネル・バーバリーがてんこ盛り
本場の中国でも大きなモール内では流石にここまで堂々と並べない


チェナンストリートにも怪しいシャツなどがよく売られていました
人の顔にも見える不気味なシャツは本当にバットマンの公式か?


単なるコピーとは違ってそれなりの工夫は感じられるかなw

「浅草で着てたら違う意味で通報されそうだが」

 

 

椰林生猛海鲜冷气餐厅で晩御飯

*パンタイチェナンに戻る


元旦の夜ご飯は特に決めていなかったので通りを歩いて見回りです
椰林生猛海鲜冷气餐厅という読み方がわからん店に入ってみました


パンタイチェナン通りの店で年末にかなり混んでいた印象があります
店内には水槽が並んでいて食べたい魚介類を選んで料理してもらえる


奥様はお気に入りのココナッツジュースで水分補給中


*場所は年末に行ったプトマヨの隣です

 

料理


ヨウサイ(空芯采)の炒め物

*空芯采は登録商標*
コピー品からの話の繋がりではないが、実は空芯采というのは日本のある会社が登録商標を持っている名称だそうです。使うためには使用料が発生するらしい。なんだかのう。


これは定番になりつつあるLaLaです

「多分あさりの一種」


何だったかな? ビーフ?


Garoupaという「ハタ」の1種で海鮮料理屋でよく見かける魚
熱帯から温帯の浅い海に分布していて独特の斑点が目印です

めも秋田のハタハタは同じスズキ目だが別物


指差すとその魚をガバッと捕まえてくれます


にんにく*ショウガなどのハーブがてんこ盛りの煮つけです
表情はともかくマレーシアに来たら絶対に食べたい魚ですね

 

 

 

Menu

*クリックで拡大します


新年のマラッカ海峡に沈む初夕陽もきれいでした

2019年パンタイチェナンの初360度画像

*画面をクリックして360度の方向に動かすことができます
*右下の四角いマークで全画面、Escキーで元の画面に戻る

めも動画から切り出した画像なのでつなぎ目の色が若干違います

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: