シェルアウトで晩御飯@Shell Out マレーシア旅行2018-2019その20

ご近所の旨い店

「おなかがぺこぺこだわん」
「それじゃあの店に行くか」

クリックで拡大

華やかなブキ ビンタンから高速道路を超えるとガラッと雰囲気が変わります
マレー系住民の多いカンパンバルーにあるシェルアウトという店に到着しました

クリックで拡大

薄暗い街灯の路地沿いにお洒落なレストランが出てきました
南国特有の壁がない開放的な店内は居心地がいい感じです

「フロア作って屋根付けた的な」

クリックで拡大

店内からはクアラルンプールの象徴的なツインタワーズが見えます


でもこのレストランからは別のものも見えるのです

「わ~見えるわぁ~」


実は今回宿泊中のレジデンスから看板が見えていたので気になっていました

*シェルアウトって?*

このレストランの店名はShell Outです。ランカウイ島で泊まったロッジもシェルアウトという名称でした。ケンブリッジ英語辞典ではこう書かれています。
Shell out=to pay money for something, especially when the cost is unexpected and not wanted:(予想外で望まない料金を支払うこと)

つまりしぶしぶ割高な料金を支払うという意味があります。この店はリーズナブルな価格で料理もおいしかったんですけど。一般的に店の名前が『あなたの想定より高いよん』と感じさせる所に行きたくなるかどうか。値段表の出ていない寿司屋とかフグ屋なら浅草にはたくさんあります。そういう店は高いに決まってるし、とても行く気にならないし、そんなお金もないし・・。

「貝の中身を出す的な意味で使ってんのかな?」

参考ケンブリッジ英語辞典

 

Shell Out Menu


早速奥様がメニューをチェックして注文を出します


もともとはタイ料理のレストランですがマレー料理も出すようです
またインドネシアや中華も混ざっているのでまさしく文化の饗宴

クリックで拡大


クリックで拡大

クリックで拡大

*メニューについて*

もはやどこの国の料理と言えないナシゴレンやナシチャンプル。魚のすり身(多分イワシ)を揚げたマレーシアのスナックLekor 。欧米系の好きそうなフィシュ&チップスやらラムチョップ。国際的なネーミングになったSukiyaki(すき焼き)もメニューにあります。マレーシアならではの多国籍料理はスパイシーで塩分少な目です。辛い料理を食べた後のスイーツはまた格別。デザートで言えばフルーツ系のスムージーとカチャンは絶対おススメです。

 

 

料 理

*いわゆるアジアン料理


見るからにスパイシーな魚料理は奥様の大好物です


やわらかい身をほぐほぐしていただきます


トムヤンクンも具がいっぱいで魚介の旨みが出ていました


素朴な料理でも見た目と違いにんにくが凄まじい

「塩が少ないのがまたいいです!」


マレーシアにきたらタイガープローンの料理は欠かせません


日本ではヨーグルトばっかり食べる奥様もここでは肉食女子

「ラムチョップも奥様の大好物のひとつです」


これは確かマンゴースムージーだったかな
惜しげもなくフレッシュマンゴーのてんこ盛り


暑い南国の夜には最高にマッチするドリンクです


やはりお約束のアイスクリーム頭痛が出た奥様


懲りずにマンゴー・アイス・カチャンを食べる奥様
適度な甘さで今回の旅行でベスト1のスイーツでした

めもカチャンは東南アジアのカキ氷的なデザート


超安全とは言えないエリアだけどリーズナブルでとても美味しかったです
5台くらい停められる駐車場があるのでレンタカーで行っても大丈夫です

めも車を誘導するおっさんにいくらか支払う

クリックで拡大

ここは次回クアラルンプールに行ったら絶対に外せない店になりました

「レジデンスに戻ってみたらしっかり見えてた」

*360度カメラで撮影した映像から切り取り*

マウスで全方向の光景を見ることができます。右下の四角をクリックすると全画面表示。Escキーを押すと元の画面に戻ります。近所の猫がテーブルに上がろうかどうしようか可愛く思案中。

「もちろん上がってきましたが」

 

アクセス


マップ上では店の名前は変更前のままのようです

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: