クアラルンプールの北海道でカニを食べる@マレーシア旅行2018-2019その22

Hokkaido Seafood Restaurant

*奥様がフォースクエアを見て突然叫びます!

「あなた!北海道があるわっ!」
「なにっ?KLにHokkaido?」


ローカル色豊かな市場のあるチョーキットのやや北側にHokkaidoの文字。
マレーシアで最後の晩ご飯は奥様の希望でおいしいカニをぜひ食べたい。
その場所はレストランのカテゴリーだったので行ってみることにしました。


北海道を探すべく車に乗り込んだら土砂降りのスコールが始まりました。
今回の旅行中は夜は雨でも朝になると晴れとか天候にも恵まれていました。

「金色ヘビ君のご利益を感じます」

めもランカウイ島の金色のヘビ参照


目的地は北海道シーフードレストランというそのものずばりの店でした。
店内はマレー系、中華系、その他謎の東洋系の客で込み合っていました。
ブタ肉は提供していないので(No Pork Served)ムスリムの姿も多かった。


水槽にはエビ カニ 魚が泳ぎ、スチームボート用のお鍋の具材も豊富です。


宿泊中のレジデンスからも近かったので、ここなら帰るのも楽です。


店のスタッフに食べたいものを指さしても注文できるようです。


ムール貝やマテ貝とともにペナン島で食べたハイガイもありました。

参照ペナン島のガーニードライブの屋台村

 

 

*Menu*

クリックで拡大

 

*料理*

*品揃えが豊富


Kerang(ハイガイ)は炒め料理しかないけどやはり旨かった。
ソースの味が強調されて貝本来の味は楽しめないけどね。


マレーシアの揚げ物はココナッツパウダーを使う料理が多いです。
ボソボソするけど小麦粉を使わないのでアレルギーの人も安心です。

「これは多分イカのフライ」


そしてうまそうな蟹が出てきましたが毛ガニかなタラバかな?
身も多くて食べるとこだらけのカニで塩少な目の味が最高。


カニ料理が大好きな奥様は大喜びです


もっと早く知っていれば2回くらいは食べに来ることができたんだけど。
年末年始を遊びまくったマレーシアもいよいよ明日は帰国の日となります。

「ここに置いていってくれんかのう」
「またですか!帰りますよ奥様!」

*無事に帰るまでが旅行です*

アクセス

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: