日本に帰国です*コンビニのATMで引き落とし@台北旅行2019

マッサージは計画的に

*また現金が足りない*


レンタルスクーターを返却して台北駅近くのマッサージ店に行くことにしました。
実は長春路の他の店でもマッサージを受けたのだが下手すぎて話にならない。

「ひどかったわねぇ」
「台湾至上最下手店」

中山北路2段から東方向に伸びている道が『長春路』です。この道の始まりの角に彰化銀行があり、そこから長春路を歩いてすぐの2階に上がるマッサージ店は最下手大賞を進呈したいくらいの凄まじさでした。あえて場所は明記しませんが、壁には日本語のメッセージが多数貼られていたものの客の姿はゼロ。やはり地元の客がいない店には行かないほうがいいという事をあらためて学習しました。足裏マッサージと言うよりは、足裏を手で持ってみました的な感じです。怪しげな気功整体でも、もう少しマシな事をするのではないかと思います。台北の店舗は新陳代謝が激しいのに加え、長春路沿いは激戦区なので、秋に行くころには消滅してる可能性大です。

 

*別の問題発生*

お茶屋さんで両替をしたときにギリギリの分だけ台湾元に換えました。
新たにマッサージを受けて支払いをするときになって思い出しました。

「100元くらいしかないじゃん・・」

 

ファミリーマートのATM


実はかなり前に台湾銀行で現地の銀行口座を開設していました。
これがあるとコンビニにあるATMで現金の引き落としが可能です。
早速近くのファミリーマートに行って1000元をゲットします。


以前は頻繁に使っていたシティーバンクでもコンビニのATMでは利用できません。
到着時に桃園空港の台湾銀行で両替したときに1000元分だけ入金していました。

「銀行口座がまだ生きてるかどうかの確認」

日本のシティバンクのキャッシュカードは日本国内ではコンビニなどに設置してあるATMで当然引き落としが可能です。しかしシティバンク(現在はSMBC信託銀行プレスティア)のキャッシュカードは台湾では海外の銀行カードです。シティバンクは台北市内にも数店舗ありますが、他の外国銀行と何ら変わりはありません。ジャパンネット銀行や楽天銀行のカードも、国際キャッシュカードとしての利用か、VISAやMASTERでのキャッシングになり台湾のコンビニATMでは使えません。台湾のコンビニATMは、台湾の提携している現地の銀行であれば利用できます。便利ではありますが、日本と違い、現金は引き出しのみで、入金ができる機種は見たことはありません。桃園空港でもATMは引き出し専用でした。帰国時に空港内のATMに残った台湾元を預けることができたら便利なんですけどねえ。


1年半も使わなかったキャッシュカードでも問題なく引き落としができました。
無事に支払いを済ませて桃園空港行のMRTに乗り込んだのが20時半です。


タイガーエアの搭乗口は格安航空便(LCC)ですので最も遠い場所。
当然日本人が多いけど、今回は北投温泉でもたくさん見かけました。

「ますます台湾は人気ですね」


今回の旅行で初めて使ってみたタイガーエアの深夜便でした。
早朝(7:55)に 桃園空港に到着し、深夜(0:10)に出発する時間帯。
翌日(到着日)が仕事なので、ややハードな行程と言えなくも無い。

*しかし台北市内でギリギリまで遊べる時間が長くなるので利用価値は大きいです*

「今年の秋もまたこれで行ってみるかな」

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: