ドミトリー1階のインド料理屋で食べる@2019年7月のタイ旅行その12

REST * INN

*カオサン通りの突き当りを右に曲がった道を150mくらい歩きます。

「チャクラボンセ通りかも」


2階以上がドミトリー(安宿)になってるインド料理店を見つけました。
看板にはタイ料理・インド料理・ベジタリアン料理と書いてあります。

「お腹空いたわん」


さっそく奥様がメニューのチェックです。


階段の上がドミトリーの受付で宿泊中のバックパッカーが食べに来ていました。
また屈強なフランス人のお姉さん2人が重そうな荷物を軽々抱えて出ていった。

めもドミトリーは相部屋形式の宿泊施設:ユースホステル*ゲストハウス


Booking Comで調べてみたら笑っちゃうような宿泊料金でした。

「1泊346円は安い!」


ゲストハウスは2段ベッドが並んでいる狭い相部屋のイメージです。
若いうちに体験するのはいいけど中年夫婦の旅だとちょっと無理だな。

「安いけど虫とかいるかも知れないし」


さてさてお待ちかねの料理が出てきましたよ。
これはたぶん白身魚のフライだったような。


ニンニクと生姜がたっぷりと入った空芯采(ヨウサイ)の炒め物。
暑い国では塩分よりもハーブやスパイスを摂らないと体がもたない。


真剣に吟味しつつ、うまうまもぐもぐと食べる奥様です。
いい香りがするので通りを歩いている人が中を覗き込む。


これはタンドリーチキンだったような。

「スパイシー!」


何の種類だかわからない巨大な焼き魚。

「トレビアン!」


さっき道端で焼いているのを見て食べたかった奥様が大喜びです。
汗だくになったのでバンコク市内にあるスーパー銭湯で伸びる予定。

アクセス


*1階がレストランで2階からドミトリー

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: