今年も鳳神社で酉の市です@2019/11/8

*浅草 鳳神社*

「おかめちゃんを返しに行くわよっ」

めもおかめ=お多福=福が多く幸せを招く女性の象徴で熊手の指し物のひとつ


人だらけの浅草 鳳神社の境内にやってきました。
今日は11月に酉の日が2回ある二の酉の初日です。


お参りをするには延々と繋がっている列に並ばないといけません。
熊手を返納するだけなら受付は国際通りの歩道沿いにあります。

「お参りは今度かな」


普段は人の歩いてる姿もほとんど見えない鳳神社も人でいっぱい。
酉の市の時だけは日本全国からたくさんの人が集まってきます。

「このシステムを考案した昔の人は凄いな」


1年間頑張って福を持ってきてくれた我が家のお多福ちゃんを返納ました。
新しい熊手は少しだけ大きな物を選ぶのが乙というかポイントだそうです。

「奥様は新しいお多福ちゃんを物色中」奥様


いいお多福ちゃんが見つかったようです。

酉の市に行ったら運をかき集めるという縁起物の熊手(くまで)を買います。熊手には千両箱や鯛などの縁起物の飾り付け(指し物)が施されています。お多福(おかめ)という福を招く女性の顔も有名です。買い方は値段を聞いて、まず値切ります。安く買えたほうが縁起がいいそうです。値引きをした分はご祝儀として売り手に渡します。売り手も買い手も笑顔になり、いい運気が広がります。酉の市の熊手は商売繁盛 開運招福の象徴です。


あちらこちらで縁起の良い掛け声が聞こえます。


今回のお多福ちゃんは深窓のお嬢様のようでなかなか顔が見えません。
そういえば九州のフグ屋のレジにどう見てもお多福ちゃんがいたような。

「めでたいめでたい」

参照九州2泊3日駆け足墓参旅行その3

アクセス

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: