薬石の湯 瑰泉で伸び倒す@石和温泉*笛吹市

*薬石の湯 瑰泉(かいせん)

「また瑰泉でのんびりしたいわっ」
「それじゃ行ってみるかのう」


今年になってから東京から西側のエリアによく行くようになりました。
ヤギのメリーさんがいなくなってから茨城に行く回数が減ったかも。

めもヤギのメリーさん


iPhone 11になってカメラの機能がさらに向上し、夜景がきれいに撮影できます。
今までだと月がピンボケになったり暗くてノイズが多い写真になりがちでした。

「お~いい感じ~!」


奥様のiPhoneケースはこだわりのネコマンジュウです。

 

 

*石和温泉*


東京都内から中央高速で約2時間かかるこの場所が最近の奥様のお気に入り奥様
山梨県笛吹市にある温泉施設で石和温泉の源泉を使っている『薬石の湯 瑰泉』


瑰泉は国道20号線沿いにあり、いわゆる巨大なスーパー銭湯です。
しかし設備は大人が連泊でも遊び倒せる充実した内容になっています。

「都内にあったら凄いことになりそうな」


つきあたりの奥にお休み処があり、そこでごろ寝をして風呂→ごろ寝を繰り返します。
大人の隠れ家というよりも『気兼ねなく過ごせる憩いの場』に近いかもしれません。

「ダメな人になる場所です」


トルマリンの薬石ドームで岩盤浴をして大汗をかいたらお風呂に入る。
この休み処で翌朝まで寝ててもいいし、また露天風呂に浸かってもいい。


マットを並べて貸し出し無料の漫画も読み放題。


喉が渇けば喫茶室でカキ氷。


こんなのもあります。


テレビを見る人、タブレットでYouTube見る人、ひたすら話をする人。
ここでは全員がマイペースな『じぶんち』状態で過ごしています。


奥様は禁断のたまごかけご飯を3杯目です。
食べて一休みしたらまた温泉に浸かります。


山梨県のたまごだからかはわかりませんが凄い弾力性があって旨い。
こういうものを食べつつ気兼ねもいらずのんびりと過ごせるのがいいな。

「月に一度はこういうところでダメ夫婦をやりたい」奥様

アクセス

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: