年末年始マレーシア旅行2019-2020その1@羽田からクアラルンプール

*クアラルンプールへGO!*

慌ただしかった2019年も何とか無事に乗り切れそうです。せめて年末年始は暖かい南国で過ごしたいので毎年旅行計画を立ててきました。今回はクアラルンプールからランカウイ島に渡って新年を迎え、ペナン島で2日過ごしてクアラルンプールに戻る計画です。

「楽しみだわ~」奥様
「伸びるぞ~」


夏は成田からタイに行ったので約1年ぶりの羽田空港国際線ターミナル。
年末年始の出国ラッシュは明日からが本番、それほど混雑していません。

めも秋に台湾に行ってましたね。


羽田空港ではマレーシアで食べない料理を食べておきます。
ここ何回かは国際線ビル内の『ありそ鮨し』で晩ご飯です。


旨いものは食材の地元で食べるのが1番です。
『ありそ鮨し』の大トロは思わず声が出ます!

「江戸前かどうか知らんけど」


羽田空港国際線の免税店は帰国後の手荷物受取場にも小さい店舗ができました。
しかし出国審査後の免税店エリアでしか販売していない商品もあるので要注意。


往路の靴下はネコとワンコです。

*余裕をこいて搭乗したものの、西に向かう往路は偏西風(いわゆるジェット気流)が吹くため向かい風になります。これが東南アジア諸国へ行く場合に往路が復路に比べて時間がかかる理由です。東京から九州や台湾に行くときも、帰りの方が偏西風の追い風に乗って少し早くなります。1万メートル付近では気流の乱れを受けて機体は揺れまくり、奥様は到着まで眠りが浅くて寝不足気味だったそうです。わたしは爆睡してましたが。

 

*クアラルンプール国際空港


機体が揺れたわりにはそれほどの遅れもなくKLIA2に到着しました。
しかし入国審査は長蛇の列と、隙あらば割り込む修羅場と化しました。

「シレ~っとなだれ込むなし!」 


やっとのことで到着フロアに出たらお約束のオールドタウン ホワイトコーヒー!
これを飲むとマレーシアに着いたなぁ~という実感がひしひしとわいてきます。


早速奥様はうまうまと召し上がっています。

「おいしいわぁ~」奥様


ソフトボイルド(半熟)卵なるものを注文してみました。
焼いたトーストに乗せて食べるらしいけどご飯にも合いそう。

「でも寝不足だわ~」
「SIM買ってくる」

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: