タンデムライダーにお勧め・ダイヤ工業のムチウチ用頚椎カラー

高速道路のタンデム(二人乗り)が解禁されたのが2005年の4月
最近では中高年のライダーが増えてきたというニュースをよく聞くようになった
奥様を後ろに乗せて夫婦で仲良くドライブしている人を見かける機会も多い

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

タンデムで男が運転の場合、風圧を受けるのに慣れてはいるが
やはり長距離になったり風の強い時のドライブは疲れが残る事もある
でも後ろに乗っている女性はもっと疲れる可能性がある
女性は一般的に男性に比べて骨格は華奢な構造になっている
特に頭から首、肩にかけてのラインは男と女ではかなり違う
そして人間の頭の重さはボーリングの球くらいだと言われている
もちろん重さには個人差はあるが男女とも体重の約8%程度の割合らしい

daiya6.jpg

体重に占める頭の重さの割合が男女で同じくらいだとすると
骨格が男より華奢な女性は頭を支えるのに不利だともいえる
だから肩こりは男性より圧倒的に女性のほうが多いのも当然の話だ

propotion1.jpg

あるとき横浜と千葉をバイクで回って帰ってきたことがあった
首都高を降りたところで奥様が堪らずにヘルメットを外した
首や肩にかかる負担がピークに達していてこれ以上は
ヘルメットを付けてはいられない状態だった

それからあれやこれやと奥様の負担を軽くする方法を調べまくる日が続いた
どんなに軽いヘルメットを見つけてもバイクに乗れば風圧は当然避けられない
まして750ccのバイクに乗っているんだから奥様に半キャップなどは被せられない
フルフェイスのヘルメットは細身の女性にとってはとても重たい荷物だ

困ったなあ・・・・・・

そんなとき何気なく目に止まった製品がこれ。瞬間にピピッと来るものがあった

daiya1.jpg
ダイヤ工業製のむち打ち用カラー キュールカラー

基本的にはむちうち症などで頭の重みを支えるのが辛い人用のサポーターだ
この手の製品はいかにも重病人風の物々しいのが多いけど
これは他の商品とは全く違っていた
見ようによってはネックウオーマーとかタートルネックに見えなくもない

daiya3.jpg
こちらが前側

これはあごの部分がカラーに乗ることで頭の重さを支える事を目的としている
それを見て、これは全く違う使い方ができるんじゃないかとふと思いついた
つまり・・・・これを前後逆に装着するのだ

daiya4.jpg
こちらの記事も参照

これを奥様に装着して関越自動車道を走って試してみることにした
今までは90キロ以下のスピードで休み休み目的地に向かったものだが・・・

あ~ら不思議

何と後ろに乗っている奥様は風圧による頭の重さを全く感じなかった
あごの部分を支えるラインがしっかりと後頭部を支えてくれるからだ
これはコロンブスのたまご的発想の転換だ。見栄えもぜんぜん悪くない

kawasaki_sa1.jpg

レース用の超軽量ヘルメットの購入も考えたけど風圧や加速度Gは絶対にかかる
また自動車レース用のネックサポーターになると首にでかいドーナツを巻いてる感じ
そんなの付けて走ってたら虐待しているような目で見られるだろう

それに比べるとこのキュールカラーは普段は折りたたんでバッグの中に
しまっておけるしバッグのショルダー部に引っ掛けておくだけでいい
高速のサービスエリアでサクッとはずしまた出発するときにパパッと装着すればいい
邪魔にもならないし軽くて持ち運びが便利なことは旅行での重要なポイント

汚れも目立たないし使い方は超簡単
まさにタンデムライダー必帯の逸品です

若い頃は若さゆえなんとかなったけどある程度の年齢になると疲れが残りやすくなる
そんな感じでバイクでの夫婦の旅行を諦めてしまった人も多いんじゃないかな
この製品はその楽しみを再び取り戻してくれるかもしれない

ちなみにうちの奥様は若い頃は国道246を原チャリで走ってすっころんだり
かなり厳しいむちうち症になったりもしていたので当然肩こりも年季入りで半端ない
その奥様を後ろに乗せて東京から伊香保あたりにすっ飛ばして行っても大丈夫
全く首や肩に疲労を感じさせないというのはすごい事だと思う

温泉に行ってのんびりしても行き返りで首肩に負担がかかると何にもならない
これは是非改良版を作ってほしい
左右に補強する生地を追加すれば完璧!

daiya5.jpg
イメージです

こうすれば前方から来る風圧以外に横風が荒れ狂う峠道や高速道路でも
後ろに乗っているパートナーはかなり楽な状態でいることが可能です

ダイヤ工業様 是非是非お願いいたします!

全国の中高年夫婦ライダーが熱いまなざしで注目しています

キャッチコピーは決定済!
「パパッと装着、サクッと外せる、旅のお供にキュールカラー」
これで決まりです

(追記)
ダイヤ工業の石井様から連絡がありました
このキュールカラーは特注できることになりました
下記のサイトから申し込み可能です
石井様、ありがとうございました

福祉工房@楽天
カラーの縦の生地を2本追加したものといえばわかると思います