ピーチ航空で行く台北弾丸日帰り旅行2017その5@大渓港・中央市場生猛海鮮で晩御飯

*帰国4時間前

北投温泉で雨宿りをしながら温泉で伸びまくった
そろそろ台北市内に戻らないといけない時間です


市内に近づくと雨も弱まってきたので助かりました
信号で止まった時に前のスクーターに妙な日本語が


「藤原とうふ店? 自家用? 払下げかな?」

メモ藤原とうふ店は頭文字Dというコミックで出てきます


『頭文字D』
日本の人気コミックを香港のスタッフ・キャストで実写映画化した異色作
アジアの映画館で放映されたので台湾でもフアンが多いのかもしれません

*マッサージに飛び込む

台北市内に戻ったので急いで行きつけのマッサージ屋に駆け込んだ
晩御飯前に軽くマッサージと思ったけど帰国時間が迫ってきました


「かなり時間が押してきたのう」
「もう空港に行った方がいいんじゃない?」

20時40分出発の帰国便に乗るには19時50分までに空港カウンターに行けばいい
つまり18時45分発のMRT桃園空港線の真達車(快速)に乗れば間に合うはずだ

メモピーチ航空のチェックインのリミットは出発50分前(MRT時刻表

 

*大渓港・中央市場生猛海鮮*

スクーターを走らせて向かった先は長安東路の中央市場生猛海鮮
台北で最後の晩御飯を食べる定番のレストランになりつつあります


日本ではいわゆる『台湾小皿料理屋』で単品が100元から食べられます
オシャレなレストランで優雅なディナーよりも庶民的雰囲気がいいです


そしてこの店の最大のメリットはスクーターを停めたら目の前がもう店内


注文して食べたらサクッとスクーターに乗り込んで移動できます

「お金は支払いますけど」


水槽には活きのいい魚介類が豊富で選ぶこともできます


店のおばさんはしきりにエビを勧めていました


テーブルには書き込むメニューが置いてあり食べたい物に数を入れます
中国語表記でなんとなく料理の内容がイメージできるから注文も楽です

「全く想定外の料理が出てきたこともあるが」

メモ2017年6月に行った時のメニューを参照


ニンニクがどばっと入った空芯菜炒めは奥様の大好物

「わ~い」


おばさんおススメのエビは茹でてもらいました


メニューになかったビーフンの海鮮炒めを特別に作ってもらいました
長いままで調理されたビーフンは食べるのが大変だったけど旨かった


もぐもぐと召し上がる奥様です


うまうまと召し上がる奥様です

「さあスクーターを返して台北から桃園空港に向かいます」

 

アクセス


中央市場生猛海鮮

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ