年末年始マレーシア旅行2019-2020その17@ペナン島のジョージタウンでバイクをレンタル

*チュリア通り*


ジョージタウンのチュリア通りはメインストリートでカーレンタル屋も多い。
ペナン島は2日間だけの滞在なので、バイクを借りて街を探索する予定です。

「角の両替所はレートが良かったな」


チュリア通りのセブンイレブンを曲がるとラブレーンという小道になる。
ここら辺に前回借りたレンタルバイクの怪しいオヤジがいるはずです。


Happy KenやFor Rentの看板はあるけど本人が見当たりませんね。

「変人だけどバイクの状態はいい感じ」

めもHappy Kenから借りたときの様子


仕方がないのでチュリア通りの別の店を探してみることにしました。
一応ちゃんとした店舗なのでバイクがあるかどうか確認してみます。


明日の借りた時間に返すのだが晩御飯を食べるので3時間ほど延長した。
そうしたらこのオヤジは何となくズルズルと金額を上げていきやがった。

「返却は明日の午後3時だ」
「御飯食べるから6時にして」
「それじゃ追加料金が・・」
「え~と3リンギット・・」
「いや5リンギット・・・」
「え~と10リンギット」
「ボッタクってんじゃね~よ!」

*ペナン島のレンタルバイク*
国際免許を提示してデポジット(保証金)の200 MYR(5,100円位)を最初に渡します。ちゃんとしたレンタル屋なら預り証を渡されるので無くさないように保管します。バイクのレンタル料金は1日30~35 MYRで110 ccのスクーターが多いです。ガソリンは満タンにして返却する必要はなく、そもそも最初から空に近い状態で渡されるので、最初にすることはガソリンスタンドでの給油です。返却時はバイクで店に行き、預り証を渡してデポジットを受け取って完了です。


貸せるバイクは店先に置いてあったこの一台だけ。
左側のミラーが割れて何もない状態になってます。

めも日本で原付き以上のバイクなら整備不良で青切符


ガソリンは限りなく空に近い状態です。

「スタンドまで走れるのか?」


ガソリンスタンドを探していたら間違えてペナンブリッジを渡っちまった。
橋の麓で撮影をしようとしてButterworthの標識を目印にしていました。


道路標識に赤い橋のマークが見えたらペナンブリッジを渡るコースになります。

「間違えた場所はここだ!」


ペナン島はマレー半島とこの橋でつながっているので渡ることは可能。
しかし渡った半島側には思ったよりもスタンドが少ないので要注意です。


全長13 kmのペナンブリッジは見晴らしもいいけど車かバイクのみ通行可。
割と交通量が多いので非常駐車帯に停めて記念撮影はちょっと難しいかも。

「バイクは通行料は取られません」

 

 

*ジョージタウン*


街全体が世界遺産に登録されたペナン島のジョージタウンを散歩します。
細い道や一方通行が多く、車よりもバイクのほうが走りやすい感じです。


イギリスの商船がスパイスや紅茶の葉を求めて海を超えてやってきました。
世界史の教科書に出てきた東インド会社の支店もどこかにあったらしい。

「まあ17~19世紀の話ですけど」


ジョージタウンの中にはインド人街もあるのでヒンドゥー教の寺院も多い。
イスラム教のモスクとは対象的な偶像だらけのきらびやかな建物です。


またゴールド好きなインド人ですので、あちらこちらに宝飾品の店もあります。
ゴールドは価値がゼロにも紙くずにもならない身につけて逃げられる保有資産。

「純金のガネーシャなら欲しい気がする」

めもあまり大きいものは持ち運びには不便ですけど


ゴールド好きだからか知らんけどバナナも売られていました。
暑いマレーシアでは水分補給と即席のエネルギー補給は大切。


路地裏で可愛いネコを見つけた奥様が早速ちょっかいを出します
観光客というよりも道端でくつろぐ地元のおばさん達にしか見えない。


右目が金色、左目が碧眼の金運アップしそうなネコでした。


自分としては犬派 なんだけど不思議とネコには懐かれます。

「金運アップするかな」


小洒落たカフェも多いので疲れたら一休みしましょう。
冷房が効いた店内よりもテラスのほうが過ごしやすい。


奥様はレアなポケモン見つけてニンマリしています


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: