年末年始マレーシア旅行2019-2020その26@クアラルンプールから帰国です

*帰国日*

*年末年始の2週間をマレーシアで遊びまくった*

「置いていってくれんかのう」
「また始まったんですか奥様」

めも日本に帰る頃になると駄々をこねる我が家の風物詩


クアラルンプールの中心街から空港までは、高速に乗るまでの一般道の混雑もあり、通常は1時間以上かかります。この時もKLIA2の近くにあるガソリンスタンドで満タンに給油してからレンタカーを返却するので1時間半くらいで到着しました。
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

*クアラルンプール*


きれい好きの奥様が無駄に広すぎる床を軽く掃き掃除しています。
今回の旅行ではホテルもどきの民泊のチェックインに手こずった。


部屋の窓から全く姿が見えなかったツインタワーズもこれで見納めです。
次にクアラルンプールに来るときは夜景がきれいに見えるホテルにしよう。


市街地を抜けて高速道路に上がると混雑もなく快適です。


高速道路の料金所が見えてきました。


マレーシアでドライブするには必須のTouch’n Goの出入り口です。
Touch’n Goはマレーシアの高速道路で使用できるプリペイドカード。

「ランカウイ島では使わないけどね」

めもTouch’n Goについてはここを参照


空港から10分くらいのエリアにあるガソリンスタンドで給油します。
奥様はマレーシアならではのレアなポケモンを探索しています


Mitsui Outlet Park KLIAの建物が左手に見えたら次のスタンドで給油。

 

*クアラルンプール国際空港*


レンタカー会社の指定するエリアに車を駐車します。
会社のプレートがある場所で空いていればOKです。


一応ガソリンメーターの写真を撮っておきます。


入口で受け取ったチケットは持っていかないでサンバイザーに。


何度も同じ会社で借りているとスタッフもわかるらしく車体の確認もしない。
車のキーと書類を渡してデポジットの紙を受け取れば返却は完了です。


とりあえずCP4に上がってフライトをチェックして荷物を預けます。


出発フロアには年末年始をマレーシアで過ごした各国の旅行者たちでいっぱい。


重たい荷物を引きずって歩くより預けて身軽でお茶でも飲みたい。
チェックインがBUKAかOPENと表示されていれば受付ができます。


座席によってカウンターが違う場合があるのでスタッフに聞きましょう。

 

*ゲートウェイ@Klia2*


ターミナルに隣接するモール(gateway@klia2)で軽く食事をします。
地上階にあったインド料理屋が無くなってしまったのはとても残念。

参考NZ Curry House


マレーシアの中華系のレストランには米粉の麺を使う料理も多い。


小麦が苦手な奥様も安心してうまうまと食べられます。


ゲートウェイ内に新しくできた台湾料理のお店で最後の食事です。
考えれば贅沢すぎるくらいに新鮮な魚介類を食べまくった旅でした。


さあいよいよ出国です。


どうしても帰国時にはモチベーションが下がり気味。
しかし安全に我が家に辿り着くまでが海外旅行です。


また今年の夏か年末にはマレーシアで遊びたい。
ゴソゴソと手荷物の最終チェックをする奥様です。


「戻っちゃダメかのう」
「ダメです奥様」

*あとがき*

この時点で既に中国で謎の病気が流行っていることはニュースで流れていました。しかしまさかこの2ヶ月半後にマレーシアで都市封鎖が起きるとは想像もできなかった。ゆっくり流れるような南国特有の時間感覚の中で、心地よいくらいにストレートな暑さと椰子の木陰の涼しさを夫婦で満喫していました。2002年に中国南部広東省で突然発生し、アジアとカナダを中心に32の地域や国々へ拡大、約8ヶ月後に収束したSARSコロナウイルス。2012年に中東で発生し、ヨーロッパやアフリカ、アジアまで広がったMERSコロナウイルス。そのどちらも確実に有効性が実証された治療法は存在しません。それ以上の勢いで全世界にアウトブレイクを起こしている新型コロナウイルス。下の動画は預言的だと海外で話題になったビル・ゲイツの2015年のTEDでのスピーチです。「私たちは次の疫病の蔓延への準備が出来ていない」と語った彼の言葉が、残念ながら現実になってしまいました。今はみんなでできる限り、感染しない、感染させない、感染を広げない努力をするべき時でしょう。

*字幕が日本語でない場合は画面右下の赤いアイコンで選択できます*

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: