九州法事旅行2020夏その6@糸島市の喜八荘で夕陽と離島を眺める

*喜八荘は格別*

*九州3日目は糸島の喜八荘*


本日のお宿は糸島市にある喜八荘という旅館ホテルです。
部屋から玄界灘が一望できる海岸沿いに位置しています。


窓を開ければ心地よい波の音が聴こえます。


裏庭から海岸に出ることもできます。


玄界灘に沈む夕陽は絵になります。

 

 

*露天風呂から夕陽が見える*


天然温泉ではないけど清潔なお風呂です。


露天から玄界灘というのもオツですね。


6室しか客室がないので繁忙期は予約が取りにくいでしょうね。
この時は5組の予約だったけどお風呂は貸し切り状態でした。

「いい湯だのう」


どこに行っても海と夕陽を眺めているような気がします。

「伸び伸び~」奥様


今日も無事に綺麗な夕陽を見ることができました。
しかも沖合に離島みたいなのがあるではないか!

「興味津々」

 

*喜八荘から見える羽島*


宿泊した喜八荘の海岸から300メートルの沖合に無人島が見えます。
右側には養殖用の生簀みたいな施設が海の中に整然と並んでいます。


翌朝ドローンのグリムちゃんを飛ばして偵察に向かわせました。
昔テレビで見た『ひょっこりひょうたん島』に少し似てるかも。


羽島の反対側はこんな感じになっていました。
謎の祠とかあったら雰囲気出るんだけどね。

「キャンプとかしてみたい」

めも天候が悪化したらヤバそうですけど


こういう風景を見ると2級船舶免許くらい取ろうかなという気になる。
1級は海図などを引くテストがあるのでイマイチ躊躇しています。

「3級アヒルボート漕ぎでいいんじゃない?」


めもそんな免許はありません!


海岸に面した階段に座ってドローンを飛ばしていました。
あまりいい動画が撮れなったので今回も静止画のみです。

「なかなか上達しない」


お風呂上がりの奥様が登場しました。

「あなたぁ~朝ごはんよぉ~」奥様


喜八荘の1階にある食堂で社会的距離開きまくりで朝ごはんをいただきます。
昨夜は何時に着けるかわからなかったので晩ごはんは別の場所で食べました。

めもきららの湯でイカ活き造り食べた


九州といえば朝の定番は明太子ですね。


玄界灘の波の音と沈む夕陽が見える糸島の喜八荘は格別でした。
チェックアウト時はスタッフ総出で見送ってもらいましたよ。

「また絶対に来ます~」奥様

*アクセス*

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: