東京お台場大江戸温泉物語が都民割引なので行ってみた@入館料50%OFF!

*お台場の温泉

「50%割引ですってよ!」
「大江戸温泉物語ねえ」


お台場にある大江戸温泉物語は自宅から車(首都高)で20分くらいの場所。
あまりにも近場過ぎて休日に行く気にならないからこの機会に行ってみます。


入館料は高めだし、いつも観光客で混雑しているイメージがありました。
都民限定と言っても団体で一人だけ都内に住んでいれば適用されます。


入場受付の窓口の数がすごいけど誰もいませんね。
コロナ以前は外国人観光客が連なっていたらしい。


浴衣を借りて中に入ります。

 

*コンセプトは江戸の縁日?


温泉は入場して服を脱いで風呂に浸かるというパターンが多いが違うみたい。

入場→浴衣をもらう→脱衣所で着替え→江戸町エリアに出る→別の脱衣所に行く
タオルを受け取る→浴衣を脱いで、やっと浴場にたどり着ける仕組みです。


最初の脱衣所で浴衣に着替えたら江戸町エリアに入ります。
人が増えてきたけどソーシャル ディスタンスは保てるレベル。


スーパーボールすくいとか型抜きとか縁日グッズのお店もあります。


奥様は子供の頃にお祭りの縁日に行っても駄菓子は禁止だったらしい。
今はその反動で買いたくなるけど小麦が含有されてる物が多いので困る。

「グルテンだらけだわん」奥様


車の運転がなければイカ焼きにビールもいいです。

「つけ麺の大勝軒もあるね」


お昼ごはんは手づくり豆富と旬彩和食 『川長』にしました。


奥様は九州で旨い魚を食べすぎたので刺し身なしで煮魚などをチョイス!

「まあまあ美味しいかな」

今回は入館料が50%割引になるので、とりあえず行ってみようかというノリで決めました。泉質は東京近郊によくある黒湯の弱アルカリ性でした。人も少なく温泉はまあまあで、お休み処も空いているのでゴロゴロと休日を過ごすことはできます。しかし観光客が戻って混雑してきたり、通常価格になってもまた行くかと言われれば微妙です。若者からシニアまで都内在住の人は今が行き時かも知れません。

*アクセス*


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

関連記事: