御殿場の気楽坊で死海の湯に浸かり居酒屋さくらで鍋を食べる

*御殿場にドライブ

緊急事態宣言が続いている東京の新規感染者数は減ってきているように見えます。またワクチンの接種も医療従事者等から始まり、ようやく収束へ向けて動き出した感じがします。それでも感染者がゼロにはならない状況では、慎重に行動する必要があります。今回の休みの日は特に慎重に静岡県に行ってきました。死海の塩風呂に浸かるためです。天然温泉 気楽坊の内湯にはイスラエルから輸入した塩を使った浴槽があります。海水の10倍の塩分濃度の湯に浸かると身体が浮きます。しかし今回の目的は浮いて楽しむのではありません。5年位続いている後頭部にできたアトピーのような症状を改善するためです。

「有要有急」
「我田引水」


御殿場高原 時之栖(ときのすみか)がグループ運営している気楽坊に到着。
実は年末年始の旅行のときにも来ていて、とても気に入った温泉でした。


ミネラルやマグネシウムが豊富な死海の塩は殺菌効果も抜群だそうです。
また保湿成分が高くお風呂から出たあとはお肌がツルツルになっていました。


こちらはイスラエルとヨルダンに接する死海で実際に浮いているシーン。
海抜がマイナス400メートルという地上で最も低い位置にある湖です。

「きゃ~浮いてるわぁ~」奥様


水中で身体が浮くというと思い出すのはこのコマーシャルです。
山瀬まみは着ぐるみを着ていたけど死海の湯はマッパでも浮きますw


はるばる御殿場まで来た甲斐があって死海の湯に満足の奥様です。
結局いつもどおりに時間の許す限りダラダラと1日を過ごします。

「仕事休みの平日だからのう」

*死海の塩風呂に浸かった翌日は、すっかりアトピー状の赤みも消えていました。これは治癒したのではなく目立たなくなっただけかもしれませんが、目に見える症状の改善は興味深いです。しかし傷口に塩を塗るのと同じことなので、お肌の状態によってはかなり染みるし痛みます。使い捨てのひげ剃りを使ったあとで塩風呂に入ると剃った場所(顔や顎)が痛くなった。それゆえ重度軽度を問わず万人にオススメはできませんが、あくまでも使い方次第です。


実際に体験してみて感じたことは、皮膚にトラブルを抱えている人は試す価値があるかもしれないということでした。慢性的な症状が一発で治ることはないですが、何回か通ってみて症状(炎症)が改善していけば、やがて治癒する可能性は十分にあると思います。

 

*十割そば さくら*


御殿場で十割そばを探していて見つけた店が『居酒屋さくら』です。
お正月に来たときに鍋を注文して閉めのおじやが最高にうまかった。


地方都市に旅行したらチェーン店のファミレスで食事するのは気軽で便利。
でも地元にある小さな居酒屋や食堂の方が意外に旨い店だったりします。

「金曜日だけどガラガラだのう」

めも近くのホルモン屋でクラスターが発生したらしい


海にも山にも近いエリアなので海産物も陸産物も新鮮な物が食べられます。


タラの白子ポン酢は奥様の大好物です。


烏龍茶を飲みつつ白子をうまうまうと食べる奥様です。

「美味しいわぁ~」奥様


馬肉のユッケはクサミもなくほのかなニンニクの香りがおつです。


そしてこちらが目的の『さくら・ほっこり鍋』です。


鶏ベースであっさりした普通の鍋料理ですが・・・。


最後に地場産の玉子を落としておじやにすると香りが最高です!


塩風呂と、ここでおじやを食べるために御殿場までやってきました。


完食したのでのんびりと東京に戻ります。

「激ウマい~」奥様

*アクセス*


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ